本文へ移動します

地理環境コースの知識を、都市や地方のまちづくりに役立てたい!

学生 イメージ

稲家 雅斗

都市環境学部 都市環境学科
地理環境コース 2年
和歌山県出身

Q1.在籍学科・コースを志望した理由は?

小さいころから科学が好きで学校の教科でいえば理科に興味がありました。得意科目でもあったので、大学も化学や物理学科に行くと漠然と考えていました。しかし高校で地理の勉強をしたときに、日本のことはもちろん世界の国々の地形や気候的特徴、文化などについて知ることができとても面白いと思いました。このことから地理をもっと学びたいと思い、この地理環境コースを選びました。

Q2.特に興味をもって学んだ(学んでいる)授業は?

これまでにとくに興味をもって学んだ授業は、『地理環境科学基礎演習Ⅰ・Ⅱ』です。内容は主に実習で、その分野は多岐に渡ります。地理学科には5つの研究室がありますが、半期の授業でそれぞれの研究室から必ず1人は先生が来て、その分野を研究していくのに必要な基礎的なスキルを幅広く学ぶことができました。この授業のおかげで、それぞれの研究室がやっていることに関して少し知ることができ、実習も通して自分がその分野に興味を持てるか、向いているかなど研究室選びの参考にもなったと思っています。

Q3.将来の夢や進路は?

将来の夢は、自分のやりたいと思う仕事で、それが人のためになる仕事をすることです。具体的には、この地理環境コースで学んでいる地形地質、気候、環境、都市、文化などの幅広い教養を生かし、中心都市や地方のまちづくりなどに関われたらいいなと思っています。そのためにツーリズムコースが開講している授業も受けています。

Q4.首都大学東京を選んだ理由・首都大学東京の良いところは?

親が理系で地理が勉強できる大学をリストアップしてくれて、その中で自分が大学のホームページなどを見てこの大学を選びました。他の大学は地理でも地学に偏っているような印象があったのですが、首都大は様々な分野があり楽しそうだと感じたので行くことを決めました。首都大の良いところは、校内が広くてきれいなところです。よくドラマや映画の撮影にも使われていたりします。あとは、公立なので金銭的に高くない上に都民は入学金が半額になるという都民に優しいところです。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ