本文へ移動します

専門外の科目履修で新しい知識も。情報分野で能力を最大限活用したい

学生 イメージ

松村 雪桜

システムデザイン学部 システムデザイン学科
情報通信システムコース 2年
神奈川県出身

Q1.在籍学科・コースを志望した理由は?

高校生の時に情報の授業を通してコンピュータや情報処理関連の分野に興味を持ち、もっと深く学びたいと考えたからです。

Q2.特に興味をもって学んだ(学んでいる)授業は?

『オートマトンと言語理論』です。
今年度新しく開講された情報通信システムコースの専門科目で、プログラミング言語や自然言語の基礎となる形式言語理論を学ぶことが出来ます。

Q3.将来の夢や進路は?

情報分野に進み、自分の知識や能力を最大限に活用できる職業に就きたいです。

Q4.首都大学東京を選んだ理由・首都大学東京の良いところは?

首都大学東京では、文系理系を問わずさまざまな分野の学生と少なくとも一年間は同じキャンパスで過ごすことができます。また、自分の専門とは全く関係のない科目も履修することが出来ます。自分とは学部やコースの異なる人と交流してみたり、専門外の科目を履修してみたりすることで新しい知識や考え方を身につけることができるかもしれません。少しでも興味がある科目は是非履修してみてください。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ