本文へ移動します

設備機器の充実が魅力!将来は放射線技師として命を救う手助けを

学生 イメージ

染宮 なつみ

健康福祉学部 放射線学科 2年
東京都出身

Q1.在籍学科・コースを志望した理由は?

医療現場で働きたいという夢を持っています。医療現場で働く職種は様々ですが、日々進化する医療技術を駆使して病気の発見に携わる診療放射線技師なりたいと思ったからです。

Q2.特に興味をもって学んだ(学んでいる)授業は?

『画像解剖学』という授業で、人体の構造・機能、そしてX線やMRIの写真の読み方について勉強しています。人体について学びたいと昔から思っていたのと、臨床で働くにあたって必須の基本知識なので、特に興味を持って取り組んでいます。

Q3.将来の夢や進路は?

診療放射線技師として、病気を発見することで多くの人の命を救う手助けをすることです。また検査だけでなく治療にも携わり、病気で苦しんでいる人の役に少しでも立てればと思います。

Q4.首都大学東京を選んだ理由・首都大学東京の良いところは?

診療放射線技師国家試験の合格率が高く、また、都内の国公立大学ということで、親の経済的負担を小さく出来ると思ったからです。そして何より、授業や研究で使用する設備、機器が非常に充実しているところに魅力を感じたためです。実際、2年生になって荒川キャンパスに来てからは、早速それらの機械を使って授業を行いました。機器の使い方に十分慣れた上で実習に行けるのも良いことだと思います。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ