本文へ移動します

「大都市東京」という恵まれた環境で医療を学び、将来は作業療法士に

学生 イメージ

船越 健太

健康福祉学部 作業療法学科 3年
静岡県出身

Q1.在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

元々興味があった医療の分野を、「大都市東京」という恵まれた環境で学ぶことができるからです。

Q2.とくに興味をもって学んだ(学んでいる)授業について、科目名、その内容と、興味を持っている点をお聞かせください。

「日常生活活動学演習」です。
この授業では、今まで学んできた知識をもとに、実際に対象者の方に対して、自分たちがどのような支援をすることができるのかをグループで考えます。その考えを先生方や仲間たちと共有し、議論することでより良い支援方法が生まれます。自分が学んできた知識を具体的な形にすることができ、さらに洗練できる点に興味を持ちました。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。また将来、どんな分野・職業に進みたいと思いますか。

将来の夢は作業療法士になることです。進みたい分野はまだ決まっていないので、実習を活用して具体的に決めていきたいと考えています。

Q4.進学先に首都大学東京を選択した理由を教えてください。また、首都大学東京のセールスポイントを高校生に伝えるとしたらどのように説明しますか。

興味のある分野を大都市である東京で学ぶことができる点が一番の決め手でした。医療・福祉に興味がある方であれば、1年次は南大沢でキャンパスライフを楽しみながら一般教養を身につけることができ、2年次以降は健康福祉学部のある荒川キャンパスで、より専門的な内容を集中的に学ぶことができるというところが嬉しいポイントであると思います。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ