本文へ移動します

理工学研究科

数理情報科学専攻

数理情報科学専攻においては、下記のような人材の育成をめざす

博士前期課程
  • 数学または情報科学における広範な理解力と多様な問題意識を持つ
  • 国際的な視野で知識を把握し、研究課題に取り組める
  • 課題解決に向けて、客観的に問題を把握し、統合的に処理する能力を持つ
博士後期課程
  • 数学または情報科学の研究において、深くかつ広範な専門知識を持つ
  • 自立した研究者として、独創的、かつ国際的な研究を遂行する
  • 自らの研究の意義や社会的位置づけを客観的に評価できる能力を持つ

物理学専攻

本専攻の教育研究上の目的に沿い、以下のような学生を国内外から広く受け入れる。

博士前期課程
  • 専門的な基礎知識、論理的な思考法、実践的な研究方法の修得に積極的な姿勢を示す人
  • 他の自然科学との関わりや国際的な視野を持った物理学の研究者、専門的技術者、教育者を目指す人
  • 問題の解決、研究遂行、他者との討論、研究成果の発表等の能力の修得に意欲を持つ人
博士後期課程
  • 物理学の基礎と応用に関する深く幅広い見識の修得に積極的な姿勢を示す人
  • 研究に伴う社会的責任を自覚しつつ、国際的かつ第一線の研究を遂行できる自立した研究者、研究指導者を目指す人
  • 独創的な研究計画を立てて研究を遂行する能力、国際的学術雑誌に発表する能力、国際的な研究討論を行う能力、研究成果や意義を伝える能力の修得に意欲を持つ人

分子物質化学専攻

本専攻の教育研究上の目的に沿い、以下のような学生を国内外から広く受け入れる。

博士前期課程
  • 化学の分野の基礎知識と基本的な語学力を有する人
  • 専門的知識の取得と研究能力の鍛錬に、知的好奇心と意欲を持って取り組むことが出来る人
  • 広い視野と科学的な思考法を持ち、化学の分野で将来研究者、教育者、あるいは技術者として社会的な貢献を行うことに情熱を持つ人
博士後期課程
  • 化学の分野について深くかつ広範な学力を持つ人
  • 先端的かつ独創的な研究を行うことに、意欲を持って取り組むことが出来る人
  • 自ら研究課題を設定し自立して研究活動を行う能力を身につけるための努力を惜しまない人
  • 国際的な研究・開発活動において指導的な役割を果たし、自然科学の進歩を担うことによって人類社会に貢献することに熱意を持つ人

生命科学専攻

生命科学専攻では、出身大学、学部、専攻を問わず、以下の期待、要求に合致する学生の入学応募を歓迎する。

博士前期課程
  • 生命科学専攻は、基礎的な生物学および生命科学分野において、新規な研究に取り組むことによる研究力と、該当分野の最新の知識や技術、および、研究や研究成果を活用した活動に必要な企画力やコミュニケーション力を身に付けることを目的としている。この目的を理解し、勉学、研究に専念できる大学卒業生、および、それと同等以上の能力を持つ者(個別審査が必要)を歓迎する。
  • 研究は1名の指導教員を指定して行う。したがって、合格が認められるためには、応募者が、本専攻に在籍する教員(連携大学院教員を含む)の研究指導分野での研究を志向していることが必要である。学部での修学・研究分野は問わないが、当該指導教員の下で研究を行うための基礎的知識および基礎的技能を身に付けている必要がある。
  • 日本語または英語で、十分な意思の疎通ができることが必須である。英語の論文や教科書を読む能力、および少なくとも英語で論文の要約を書く能力が要求される。
  • 研究や学習活動の一部については、学生グループでの作業が要求される。グループ作業を行う上での基礎的能力が必要となる。

付記
(1) 博士課程前期入試における定員の一部は、首都大学東京出身の学生のための「筆記試験免除」枠に充てられるが、この枠は、学部での成績から、筆記試験において合格に十分な成績を得ることがほぼ確実な者の人数に限定される。

(2) 合格となるためには、指導を受けながら自らの力で研究を実施し、入学後2年での論文作成が期待できることが必須である。そのような応募者が入学定員以上の場合は、より充実した論文の作成が期待できる者を優先して合格とする。その際には、応募者個人の能力だけではなく、指導予定教員やその研究室の状況も考慮される。

博士後期課程
  • 生命科学専攻は、基礎的な生物学および生命科学分野において、新規な研究に取り組むことによる研究力と、該当分野の最新の知識や技術、および、研究や研究成果を活用した活動に必要な企画力やコミュニケーション力を身に付けることを目的としている。この目的を理解し、勉学、研究に専念できる博士前期課程(修士課程)修了者、および、それと同等以上の能力を持つ者(個別審査が必要)を歓迎する。
  • 研究は1名の指導教員を指定して行う。したがって、合格が認められるためには、応募者が、本専攻に在籍する教員(連携大学院教員を含む)の研究指導分野での研究を志向していることが必要である。学部あるいは博士前期課程での修学・研究分野は問わないが、当該指導教員の下で研究を行うための基礎的知識および基礎的技能を身に付けている必要がある。
  • 日本語または英語で、十分な意思の疎通ができることが必須である。英語の論文や教科書を読む能力、および少なくとも英語で論文の要約を書く能力が要求される。
  • 研究や学習活動の一部については、学生グループでの作業が要求される。グループ作業を行う上での基礎的能力が必要となる。

付記
合格となるためには、指導を受けながら自らの力で研究を実施し、3年での論文作成が期待できることが必須である。そのような応募者が入学定員以上の場合は、より充実した論文の作成が期待できる者を優先して合格とする。その際には、応募者個人の能力だけではなく、指導予定教員やその研究室の状況も考慮される。

電気電子工学専攻

博士前期課程
  • 電気電子工学の分野に関する基礎知識を有し、より高度な専門知識の修得と研究に積極的に取り組む意欲のある人
  • 使命感を持って研究に取り組み、技術開発を通して社会や環境へ貢献する意欲のある人
博士後期課程
  • 電気電子工学の分野に関する専門知識を有する人
  • 先端研究に積極的かつ能動的に取り組み、発信する意欲のある人
  • 使命感を持って研究に取り組み、技術開発を通して社会や環境へ貢献する意欲のある人

機械工学専攻

機械工学専攻では、『確固たる機械工学の基礎知識』の教育を基盤として、学際分野への対応も可能な創造性や応用展開力の習得を重視した教育の実践を通して、多様な産業基盤を担うことのできる機械技術者、及び先端的産業技術創出のための研究者を育成する教育を行っています。

本専攻では、学士としての機械工学の基礎学力を充分にもち、以下のように積極的に本専攻のカリキュラムに取り組む意欲のある人を求めています。

博士前期課程
  • 機械工学・工業への強い関心と、その発展に寄与する研究課題に、探究心・知的飢餓心をもって取り組み、可能な限り自らの力で問題を発見し解決するための努力を惜しまない人
  • 国内外の学会発表や大学・民間企業等との連携に意欲的に取り組み、国際的視野を有する幅広いコミュニケーション能力を身につけようとするチャレンジ精神にあふれた人
博士後期課程
  • 機械工学・工業への強い関心と、その発展に寄与する研究課題に、探究心・知的飢餓心をもって独創的に取り組み、自らの力で問題を発見し解決できる独立した研究者となるための努力を惜しまない人
  • 国際会議や学術論文の英語での発表および国外の大学・民間企業等との連携に意欲的に取り組み、研究・開発組織における指導者として必要な国際的牽引力や幅広いコミュニケーション能力を身につけようとするチャレンジ精神にあふれた人
ページトップへ