本文へ移動します

人文科学研究科

社会行動学専攻

博士前期課程

 社会行動学専攻博士前期課程は、社会学・社会人類学・社会福祉学の各分野における高度な専門的研究を行うために必要な理論・学説および方法論を学ぶことを目的としている。
 そのため本専攻では、幅広く社会の構造や変化、政策、社会現象をとらえる質的・量的方法に関心をもった、専門研究者あるいは高度な専門職をめざす学生の入学を期待している。

博士後期課程

 社会行動学専攻博士後期課程は、社会学・社会人類学・社会福祉学の各分野において、それぞれの分野の理論と方法論をもとに専門研究者として研究を遂行する能力を養うことを目的としている。
 そのため本専攻では、博士前期課程または修士課程を修了し、それぞれの専門分野における研究能力の基礎を十分に備えつつ、広い人文・社会科学的視野を持ち、社会現象の解明について強い意欲をもつ者の入学を期待している。

人間科学専攻

博士前期課程

 人間科学専攻博士前期課程は、広い視野に立って人文・社会諸科学の精深な知識を授け、心理学・臨床心理学・教育学・言語科学・日本語教育学の各分野における研究能力または高度の専門性を要する職業等に必要な高度の能力を養うことを目的としている。
 そのため本専攻では、研究者または高度な専門的能力を持つ職業人をめざす学生・社会人で、人文・社会諸科学への広い見識およびそれぞれの分野に関する高度な知識と深い問題意識をもつ者の入学を期待している。

博士後期課程

 人間科学専攻博士後期課程は、心理学・教育学・言語科学・日本語教育学の各分野における研究者として自立して研究活動を行い、またはその他の高度に専門的な業務に従事するに必要な高度の研究能力およびその基礎となる豊かな学識を養うことを目的としている。
 そのため本専攻では、博士前期課程または修士課程を修了し、人文科学諸科学に関する広い視野とそれぞれの専門分野における研究能力の基礎を十分に備えた者の入学を期待している。

文化基礎論専攻

博士前期課程

 文化基礎論専攻博士前期課程は、広い視野に立って人文・社会諸科学の基礎となる多様な知識を授け、哲学、歴史・考古学、表象文化の各分野における研究能力または高度の専門性を要する職業等に必要とされる能力を養うことを目的としている。
 そのため本専攻では、研究者または高度な専門的能力を持つ職業人をめざす学生・社会人で、人文・社会諸科学への広い見識およびそれぞれの分野に関する高度な知識と深い問題意識をもつ者の入学を期待している。

博士後期課程

 文化基礎論専攻博士後期課程は、哲学、歴史・考古学、表象文化の各分野における研究者として自立して研究活動を行い、またはその他の高度に専門的な業務に従事するに必要な高度の研究能力およびその基礎となる豊かな学識を養うことを目的としている。
 そのため本専攻では、博士前期課程または修士課程を修了し、人文科学諸科学に関する広い視野とそれぞれの専門分野における研究能力の基礎を十分に備えた者の入学を期待している。

文化関係論専攻

博士前期課程

 文化関係論専攻博士前期課程は、広い視野に立って人文・社会諸科学の多様な知識を授け、日本および海外諸地域の言語、文学、文化一般に関する研究能力または高度の専門性を要する職業等に必要な能力を養うことを目的としている。
 そのため本専攻では、研究者または高度な専門的能力を持つ職業人をめざす学生・社会人で、人文・社会諸科学への広い見識およびそれぞれの分野に関する高度な知識と深い問題意識をもつ者の入学を期待している。

博士後期課程

 文化関係論専攻博士後期課程は、日本および海外諸地域の言語、文学、文化一般に関する研究者として自立して研究活動を行い、またはその他の高度に専門的な業務に従事するに必要な高度の研究能力およびその基礎となる豊かな学識を養うことを目的としている。
 そのため本専攻では、博士前期課程または修士課程を修了し、人文科学諸科学に関する広い視野とそれぞれの専門分野における研究能力の基礎を十分に備えた者の入学を期待している。

ページトップへ