本文へ移動します

平成30年4月から学部の再編成を予定しています。

このページの情報は「平成29年4月」に入学となる方を対象とした入学試験の情報となります。
学部の再編成の詳細な情報や、これに伴う入試科目等については、平成30年度学部入試のページをご確認ください。

都市環境学部

  1. 都市環境学部で学習して自らの夢を実現するための十分な学力を持つ人
  2. 広い視野と柔軟な思考力を持ち巨大都市社会のリーダーになろうとする人
  3. 工学的または総合的アプローチから都市環境の向上を追求する意欲をもつ人

※試験教科・科目の詳細については、受験する年度用の「入学者選抜要項」又は「学生募集要項」を参照してください。

各コースのアドミッションポリシー

地理環境コース
  1. 自然の成り立ち、人間と自然の関わり、地域の違いに興味のある人
  2. 野外で調査したり、自然を観察したり、地図を使うことが好きな人
  3. 身近な地域から地球規模に至るさまざまな環境問題・社会問題に幅広く関心をもっている人
  4. 地理学、都市環境科学、地球環境科学を学ぶために必要な数学や外国語などの基礎学力を、高いレベルでバランスよく修得している人
一般選抜

試験教科・科目

  • (前期)
    第一次選抜(大学入試センター試験)
    ・必須教科:国語、数学、理科、外国語
    ・選択教科:地理歴史・公民から1科目選択
    第二次選抜(個別学力検査)
    ・必須教科:数学、外国語
    ・選択教科:地理歴史、理科から2科目選択
    (但し、地理と地学は同時に選択できない)
  • (後期)
    第一次選抜(大学入試センター試験)
    ・必須教科:国語、数学、理科、外国語
    ・選択教科:地理歴史・公民から1科目選択
    第二次選抜(個別学力検査)
    ・必須科目:小論文
推薦・AO

選考方法等

  • 一般推薦入試
    ・第一次選考:出願書類及び英語、数学の基礎的な学力検査
    ・第二次選考:小論文、面接(口頭試問を含む)
  • ゼミナール入試
    ・出願書類、土曜ゼミナールの履修成績及び面接(口頭試問を含む)により総合的に判定
  • グローバル人材育成入試
    ・第一次選考:出願書類及び数学の基礎的な学力検査
    ・第二次選考:小論文、面接(口頭試問を含む)
都市基盤環境コース
  1. 都市基盤環境コースで学習するための十分な基礎学力を持つ人
  2. 広い視野と柔軟な思考力を持ち、社会や自然とのつながりを論理的に考えられる人
  3. 豊かな教養を備え、地域社会や国際社会で活躍する意欲のある人
  4. バイタリティにあふれ、困難な問題にチャレンジしていける人
一般選抜

試験教科

  • (前期)
    第一次選抜(大学入試センター試験)
    ・必須教科:国語、数学、理科、外国語
    第二次選抜(個別学力検査)
    必須教科:数学、理科、外国語
  • (後期)
    第一次選抜(大学入試センター試験)
    ・必須教科:国語、数学、理科、外国語
    第二次選抜(個別学力検査)
    ・必須教科:数学
推薦・AO

選考方法等

  • 一般推薦入試
    ・出願書類、小論文及び面接(口頭試問を含む)により総合的に判定
  • 指定校推薦入試
    ・出願書類及び面接により総合的に判定
  • グローバル人材育成入試
    ・出願書類、小論文及び面接(口頭試問を含む)により総合的に判定
建築都市コース
  1. 数理、人文、社会、語学などの総合的な基礎学力をもっている人
  2. 建築や都市に大いに興味があり、学習意欲および行動力がある人
  3. 的確な論理を構築し、それを適切に表現できる能力がある人
  4. 造形や空間デザインに興味があり、それを美しく表現する意欲のある人
一般選抜

試験教科・科目

  • (前期)
    第一次選抜(大学入試センター試験)
    ・必須教科:数学、理科、外国語
    ・選択教科:国語、地理歴史・公民から1科目選択
    第二次選抜(個別学力検査)
    ・必須教科:数学、理科、外国語
  • (後期)
    第一次選抜(大学入試センター試験)
    ・必須教科:数学、理科、外国語
    ・選択教科:国語、地理歴史から1科目選択
    第二次選抜(個別学力検査)
    ・必須科目:小論文
推薦・AO

選考方法等

  • 一般推薦入試
    ・出願書類、小論文及び面接(口頭試問を含む)により総合的に判定
  • 指定校推薦入試
    ・出願書類及び面接により総合的に判定
  • グローバル人材育成入試
    ・出願書類、小論文及び面接(口頭試問を含む)により総合的に判定
分子応用化学コース

化学の力を利用して「人類の発展に役立つ新材料や新物質を開発する」あるいは「人類が直面している環境問題やエネルギー問題、ライフサイエンスの問題を解決する」ためには、物質の持つ本質を原子・分子の立場から理解できる基礎学力と、より複雑な理論や現象を解明できる応用力が必要です。

分子応用化学コースでは、高校等において基本とされる教科を幅広く勉強して偏りのない素養を身につけているだけでなく、大学入学後も、旺盛な好奇心・自主的に考え行動する力・未来を切り開く強い意欲と意識などを発揮できる素質を兼ね備えた学生を求めています。

一般選抜

試験教科

  • (前期)
    第一次選抜(大学入試センター試験)
    ・必須教科:数学、理科、外国語
    第二次選抜(個別学力検査)
    ・必須教科:数学、理科、外国語
  • (後期)
    第一次選抜(大学入試センター試験)
    ・必須教科:数学、理科、外国語
    第二次選抜(個別学力検査)
    ・必須教科:理科
推薦・AO

選考方法等

  • 一般推薦入試
    ・出願書類、小論文及び面接(口頭試問を含む)により総合的に判定
  • 指定校推薦入試
    ・出願書類及び面接により総合的に判定
  • 科学オリンピック入試(化学グランプリ)
    ・出願書類、小論文及び面接(口頭試問を含む)により総合的に判定
  • グローバル人材育成入試
    ・出願書類、小論文及び面接(口頭試問を含む)により総合的に判定
ページトップへ