本文へ移動します

6月29日(木)に府大戰結団式が開催されました!

イメージ01
力強い選手宣誓を行う準硬式野球部主将・木村さん
イメージ02
上野学長から勝利を祈念してなみなみと注がれる“スポーツドリンク”(!)
イメージ03
気迫に満ちた合気道部による演武
イメージ04
肩を組み、文字通り一体となっての学友歌斉唱

6月29日(木)、今年で65回目を迎える首都大学東京・大阪府立大学定期戦(府大戦)の結団式が開催されました。多くの学生たちの注目を集める中、出場する部活動が一堂に会し、体育会委員長・家田進さん(化学3年)の挨拶や準硬式野球部主将・木村亮太さん(経営学系3年)による力強い選手宣誓に続けて、勝利の誓い(乾杯)、合気道部の演武が行われました。

式の最後には選手と共にご来賓の教職員の方もわが校伝統の学友歌を斉唱し、一週間後に控えた府大戦に向けた一致団結を図りました。今年度は首都大がホームとなり、7月7.8.9日の3日間を通して24団体が熱戦を繰り広げます。

【渋谷奏里(法学系4年)】

ハンドボール部主務インタビュー

右:#13石島さん、左:学生広報チーム・藤田
「ロングシューターが多いので
迫力あるシュートを沢山してく
れると思います。」
(右:#13石島さん、左:学生
広報チーム・藤田)

エキシビジョンマッチ・府大戦第一戦に臨むハンドボール部の石島功規さん(人社3年)にお話を伺いました。

Q. 体育会の37部(府大戦出場は24部)を代表して、初戦を戦う意気込みを教えてください。
― 数多くの団体がある中選ばれたのは非常に光栄なことなので、首都大を勢いづけられるように、一勝目をまずとれるように頑張っていきたいと思います。

Q. 春のリーグで三部昇格を達成したということでチームは波に乗っているのではないですか?
― 秋のリーグ戦に向けてもどんどん挑戦しなくてはならないし、まずは府大戦に勝つことでチームにも自信をつけられると思うのでそこを最初の目標として頑張っていきたいです。

【藤田雅貴(法学系4年)】

体育会委員長インタビュー

府大戦への意気込みを熱く語る体育会委員長・家田氏
府大戦への意気込みを熱く語る
体育会委員長・家田氏

式中の厳かな空気が嘘のように、慌ただしく現状復帰がなされるインフォメーションギャラリーに佇む1人の学ラン姿があった。体育会本部委員長・家田進氏・その人である。ひととおり指示を出し終えた家田氏へ府大戦への意気込みと在学生へのメッセージを伺った。

家田:横市戦に敗れて「悔しかった」という声をいくつか聞きました。この府大戦を通して、首都大の部活としての誇りを芽生えさせるきっかけを作れたらいいと思います。その誇りをもって3日間全体で勝ちにいきたいです。在学生の皆さんへはこの3日間、僕たち体育会が「こんなに楽しいことをやっているんだ」というのを見せるので、是非とも応援に来てスポーツを好きになっていってください!

【山本裕稀(地理環境3年)】

ページトップへ