本文へ移動します

朝日 ちさと 准教授

都市教養学部 都市政策コース 
朝日 ちさと 准教授

キーワード:
水道, 経済, 公共事業

その水は高い? 安い? 安全? 水道で考えるこれからの街づくり

日本の水道は世界でも類を見ないほど安全

日本の水道水は、そのまま飲んでもおなかを壊したりしないほど安全です。これほど安全な水道は世界でもほかに類を見ませんが、その安全性を維持するための浄水処理には、さまざまな作業とそれにともなうコストがかかっています。
 水道水の殺菌には塩素剤が用いられますが、塩素剤を投入すればするほど安全になるかというと、必ずしもそうではありません。今度は水に含まれる有機物成分と塩素が反応してできる「総トリハロメタン」と呼ばれる物質が問題になります。総トリハロメタンは発がん性が疑われており、塩素剤の量を増やせば総トリハロメタンも増えてしまいます。それらを除去するには、活性炭やオゾンを用いた高度浄水処理が必要です。

どの程度まで浄水処理をするのが最適なのか?

ここで考えなければならないのは、いったい、どの程度まで塩素消毒や高度浄水処理をすべきなのか、という基準です。浄水処理の基準を際限なく高めていけば、当然コストもかかるため、水道料金も値上げせざるを得なくなります。では、その水を一生にわたって摂取し続けても健康に影響ないと判断できる確率は、その危険性が10万人に1人なのか、それとも1億人に1人なのでしょうか。水道水が飲むのに安心でないと感じた人は、代わりにペットボトル入りの水を買うようになるかもしれません。こうした課題を解決するには、経済学的な視点や心理学的なリスク認知など、さまざまな要素を考え合わせた上で、客観的な評価基準を見定めなければならないのです。

客観的な評価基準に基づく施策を

ほかにも日本の水道には、老朽化して耐用年数を過ぎた水道管の交換工事と、それにともなうコストなどの課題があります。また、災害大国である日本では、水道のほかにも、安全や安心のために整備や更新が必要なインフラが数多くあります。こうした公共事業では、都市や社会全体を見渡し、リスクの扱いやコストに関する客観的なデータを考え合わせた上で、将来を見据えた的確な判断が必要になるのです。

その公共事業は本当に必要? 客観的な基準をもたらすミクロ経済学

公共事業は本当に何もかも無駄遣い?

私たちの社会の中で、道路、上下水道、学校などは、国や地方自治体が公共事業として建設や整備を行っています。こうしたインフラ(社会資本)や施設は私たちの生活に不可欠なものですが、それらの施策がどのような評価基準に基づいて行われているのかは、日本ではあいまいな部分が少なからずあります。世間では、公共事業はしばしば「無駄遣いだ」などと批判されがちなイメージがありますが、それが本当に無駄遣いなのかどうかは、感情論ではなく、より客観的な視点で判断されるべきなのです。

ミクロ経済学で公共事業を客観的に評価する

公共事業や都市計画の課題を評価する時には、「ミクロ経済学」に基づいた視点が大切になります。ミクロ経済学とは、家計(消費者)や企業(生産者)の経済活動の相互関係からなりたつ市場を分析して考える学問です。その建設事業にはいくら費用がかかるか、どのように投資すればもっとも費用に対して効果(便益)が高まるかを、客観的な視点から検討します。その際には、環境にかかる負担、防災などの安全面、そして、そもそも人々は何に価値を見出して行動するのかなど、見えない価値を含めた多様な評価軸を考え合わせる必要があります。

経済活動は、貴重な多数決意見が現れる場

 経済活動が反映される市場は、実は「人々がそれぞれしたいと思う行動をしているのが反映される」という貴重な多数決意見を得られる場でもあります。公共事業について政府や地方自治体が会議で話し合う時、そうした市場の情報に基づく評価基準をおざなりにすることは賢明ではありません。公共事業は、人々の生活環境をよりよくしていくためのインフラや施設を造る事業であるべきだからです。2020年の東京オリンピックの開催を控え、日本国内ではこれからさまざまな新しい公共事業の計画が実施されようとしています。それらを将来にわたって有効に活用される施設やインフラにするためには、客観的な評価に基づく冷静な判断が必要になるでしょう。

高校生・受験生の皆さんへのメッセージ

「経済学」は、人が何かを選ぶ時の心理や価値観などをベースにしている、とても人間的で面白い学問です。政策や社会的な課題について学ぶ時は、広い視野を持ち、いろいろな分野の学問を勉強することが必要になります。その際にもっとも大切なことは、さまざまなことに「実感」を持って考えることです。普段の生活の中で、いろいろな体験をして、「実感」に基づくたくさんの評価軸を自分の中に蓄えていくようにしましょう。そうすると、大学での勉強がぐっと面白くなるはずです。

夢ナビ編集部監修

ページトップへ