本文へ移動します

和田 清美 教授

和田 清美 教授

都市教養学部 都市政策コース
和田 清美 教授

キーワード:
東京都, 自治体, 政策

さまざまな顔をもつ街・東京

イメージ1
ひと口では言い表せない都市の多様性

東京都内には23区と市町村が存在しますが、これらは行政上の区分だけでなく、地域の歴史やどのような人々が住んでいるかによって、23区内でも特性や性格の違いがあります。例えば、「下町」と「山の手」といった地域区分が有効でしたが、今はとてもこの2区分だけでは把握することはできません。都心のようなビジネス地域が存在しますし、加えて周辺地域には一般住宅地が存在します。ほかに工業地域や商業地域なども多様な特徴を持っているため、東京をひと言で特徴づけるのは難しいのです。

地域ごとの特徴と変化

品川区と大田区は古くから電気・通信系の工場が多く、それを基に発展しました。円高やグローバル化の脅威にさらされ、現在は衰退傾向にありますが、それでもまだ残っています。一方、西部の世田谷区や練馬区、東部の足立区は周辺住宅地ですが、同じ周辺住宅地でも、足立区は雑居型でブルーカラー率が高いといった特徴があります。池袋、新宿などの都心に隣接する住宅地では、高度経済成長期には若者が手狭なアパートに住んでいました。しかし、1980年頃からは外国人が住むようになり、現在はそれが周辺部に広がり、足立区や世田谷区も外国人居住者が増えています。

地域ごとの課題と取り組み

そうした中、各自治体は独自の取り組みを行っています。例えば足立区は、外国人問題や安心・安全対策に積極的です。また下町の各区によって、23区内でも住宅は密集しているため、道路も狭く、以前から災害時の危険が指摘されていました。しかし下町には独自のネットワーク、生活ルールが形成されているため、コミュニティを壊すことなく、部分的修復をしようという試みが行われています。住宅が急増している港区では居住支援に、大田区は産業支援に力を入れるようになりました。このように、各自治体はさまざまな政策を行っていて、その政策には各地域がかかえている問題が反映されてもいるのです。」

21世紀に求められる政策とは

イメージ2
ハードの次はソフト

明治維新以降、日本は近代国家を形成するにあたり、さまざまな社会の基盤整備を行ってきました。いかに広い道路を作り、住宅地や市街地、上下水道を整備していくかなど、もっぱら物的な基盤を整えることに主眼を置いてきたのです。しかし都市政策の目的は、都市で生活する人間をいかに豊かに、幸せに暮していくための課題解決にあります。それはルーティーンの生活のためだけではなく、例えば災害のような非常時においてもいかに生活を支えるのかといった問題もあります。それにはハードな物的基盤を整備するだけでなく、福祉や医療といったソフト面もサポートしなければなりません。ある程度、ハードが整った社会ならば、今度はソフトな面の整備に力を入れ始めるのは必然なのです。

時代と共に移り行く課題

日本が本腰を入れて都市政策に取り組むようになったのは、1960年代頃からです。当時の政策は、主に高度経済成長にともない発生した諸問題を解決するためのものでした。しかし、都市化や産業変動にともない政策課題は変わっていくものです。また、現代の社会問題の特徴は少子高齢化や人口減少、環境対策などどれも世界が一つになって取り組まねばならない問題であり、一つの国や自治体のアプローチで解決できるものではなくなっています。

「財政」は世界共通の悩み

もちろん各社会が抱える課題は地域や社会によって異なります。しかし2008年の「リーマン・ショック」以降、世界のどの国も財政問題を抱えています。もともと1980年代から、国も自治体も行政改革をすすめてきました。これは日本だけでなく、サッチャー政権下のイギリスなど、世界的に同じ傾向にありました。今の状況での財政緊縮は難しく、結果として医療や年金、保険など、あらゆる点にしわ寄せがきています。民間企業のように、国も地方自治体もこれまで行ってきた財政運営を見直し、改革をすすめていく必要に迫られているのです。限りある財源をどの政策に配分していくか、政策形成の担い手はその力量を試されているのです。

高校生・受験生の皆さんへのメッセージ

親と同居している間は、子どもは守られている意識がまだ強いと思います。しかし、親から独立し、社会に出たら、何もかも自分でやらなければなりません。そうなったときに必要なのが予期しなかった変化や事態が生じても、やり通せる力です。特にこれだけ変化が激しく、先行き不透明な現代社会では、他人と競争して勝ち抜けるというよりも、一つのことを継続してやりつづける力が大事なのです。社会の動きに対してアンテナを張り、あなた自身の力を磨き上げ、生きる力を身につけてほしいと思います。


夢ナビ編集部監修

ページトップへ