本文へ移動します

菊地 俊夫 教授

菊地 俊夫 教授

都市環境学部
自然・文化ツーリズムコース
菊地 俊夫 教授

キーワード:
グリーンツーリズム, 観光, ルーラリティ

「近く」へ観光に行こう! ~都市周辺の「田舎」に注目~

イメージ1
都市近郊の自然を楽しむ

旅行や観光というと遠くに出かけて名所を見たり、名物を食べたりするイメージがあります。しかし最近では自然の豊かな都市近郊への旅も注目されています。発端はヨーロッパです。1980年代にフランスで長期のバカンスを取ることが法律で義務づけられました。お金持ちであれば、外国の避暑地やリゾート地に行って贅沢に過ごすのですが、経済的に余裕のない人びとはそうはいきません。そのような人びとを中心に、身近で自然が豊かな農村に滞在し、癒やしの時間を過ごす余暇としての「グリーンツーリズム」がブームになりました。

東京周辺にも癒やしの場所はある!

東京というと、ビル群や満員電車のイメージが強いかもしれませんが、実は周辺にはまだ自然の多い地域が残っています。例えば高尾山や埼玉県の狭山丘陵にある「トトロの森」と呼ばれる地域には豊かな緑があり、野生動物も多く生息しています。また山の麓の湧水地には家々や集落が立地し、その風景は「背山臨水」という風水の理想的な構図で人びとに安らぎを与えるものになっています。私たちは都心から1時間程度でこのような環境に移動できるため、都会的な生活と田舎暮らしの両方を手軽に楽しむことができます。都市周辺の「ルーラリティ(農村らしさ)」に注目すれば、ライフスタイルが魅力的で豊かなものになります。

安くておいしくて安全な「直売ツーリズム」

ルーラリティを楽しむうえで注目したいのが農産物の直売所です。地元の農家が作ったおいしい野菜が新鮮な状態で買える直売所は、東京周辺の地域でも数多く見られます。直売所に買い物に行くこともツーリズムの一種で、農家はもちろんのこと交通機関などにもお金が落ちます。農家の人たちも自分たちの地元で生産者の顔が見える形で売るわけですから、安全性にも気を使います。旅行者にとっては、農家の人たちとコミュニケーションしながら買うことで、おすすめの野菜や調理法なども教えてもらうこともできます。そして、人と人との交流が生まれ、豊かな時間を過ごすことができます。

地域の観光を成功に導くための、「三本の矢」作戦とは?

イメージ1
三本の矢を合わせると?

「観光地域学」とは、地域の自然や文化、産業などを新しい視点や切り口でとらえ直し、それらの観光やツーリズムへの活用を考える学問です。地域のもつ一つの要素だけでは、観光客を呼ぶことは難しく、いくつかの要素を組み合わせることで魅力のある土地にすることができます。三本の矢を合わせて強くする理論のように、1+1+1が3ではなく、4にも5にもなっていきます。
また、ある地域で成功したやり方を、ほかの地域にも応用することも可能です。例えば「ゆるキャラ」は地域の特徴を表し、アピールするものとして広がりました。しかし、ゆるキャラ単体で観光客を呼べるわけではなく、くまモンが名所でパフォーマンスをしたり、土産物とコラボしたりすることで観光資源として重要なものとなります。

プラスの要素を加えていく

要素を増やすことで成功した例もあります。箱根は従来温泉地、湯治場として有名な観光地でした。周囲にある登山鉄道やロープウェイ、芦ノ湖の遊覧船など周遊コースのフリーきっぷを売り出したところ、芦ノ湖の箱根駅伝のゴールや大涌谷の景観、彫刻の森美術館など、いろいろな観光スポットを楽しんでもらえるようになりました。
さらに、若い女性にアピールできるよう老舗のホテルやレストランが独自のスイーツを提供するようになりました。このように、プラスの要素を加えることで、幅広い年代がリッチな気分で観光を楽しめる「箱根ブランド」の確立に成功したといえます。

マイナスの要素もプラスに!

何も特徴のない地域だからといって観光客を呼ぶのを諦める必要もありません。群馬県川場村は温泉をもっていますが、過疎化や高齢化が進んだ寂れた地域でした。しかし、高齢者の存在を観光資源にするという発想の転換が図られました。高齢者が言い伝えや生活の知恵を語る「語り部の家」や昔遊びの道具や郷土料理を作る「つくり部の家」が建てられ、それらを地域の観光資源と組み合わせることで、観光客を呼ぶことに成功しました。マイナスをプラスに変える発想も大事なのです。

高校生・受験生の皆さんへのメッセージ

ツーリズムや観光を学ぶとき基礎となるのは「地理学」です。地理学というと高校までの勉強では山や川の名前、地域の産物の暗記が中心でしたが、大学で学ぶ地理学は地域がどのように成り立っているか、あるいはどういう形に成り立たせればよいのかを考え、地域のさまざまな仕組みを学びます。それは、「地」の「理(ことわり)」を「学」ぶことにもなります。
そしてそれらを利用して観光やツーリズムに役立てていくということが大学で地理学を勉強していくうえでの重要なポイントになっていくと思います。ぜひ一緒に学んでいきましょう!


夢ナビ編集部監修

ページトップへ