本文へ移動します

小根山 裕之 教授

小根山 裕之 教授

都市環境学部 都市基盤環境コース
小根山 裕之 教授

キーワード:
道路, ネットワーク, 渋滞

これからの道路ネットワークに求められるものとは?

イメージ1
1本の道路ができるまで

道路の幅員(ふくいん:道路や橋の横の長さ)や構造は、さまざまな要素から決定されます。その際重要なのは、道路ネットワークの中での役割であり、都市と地方のどちらを通るのか、交通を流すための通行機能と家や店からのアクセス機能のどちらを重視するのかなどが考慮されます。そこから交通需要予測なども踏まえ、車線数や中央分離帯・歩道の有無などが決められます。しかし交通量の予測は難しく、実情と合わずに渋滞を生み出してしまうこともあります。

交通需要はなぜ予測しにくいのか

交通需要は幾つかのモデルを複合的に組み合わせ、それをコンピュータ上で計算して予測します。モデルを作る際にはもちろん、モニタリング調査なども行います。しかし、渋滞はある時間帯に自動車が集中する需要のアンバランスにより発生するため、本来は時間軸も含めた調査結果を入力しなければならないのですが、そこまでの調査を行い予測計算に反映させるのは難しいのです。また人口の増減や経済成長、それにともなう開発などの予測も盛り込まなければなりませんが、10~20年後の社会情勢を何となく予測はできても、細かく予測するのは難しいのです。そういう意味では、例えば高度経済成長期は何もかもが右肩上がりで予測しやすかったのですが、今や社会情勢自体の先が読みづらく、交通需要も予測しにくくなっているのです。

求められるのは「先手」の施策

ひと昔前までは必要に応じて道路を造る、後手の対策で問題ありませんでした。しかし今や必要性や予測に従い道路を造るのではなく、あらかじめ、まず施策を考え、その施策実現のために道路や交通システムを造ることが求められています。つまり「世の中がこうなるから道路をこうしよう」ではなく、「世の中をこうするために道路をこうしよう」という発想です。経済成長の維持だけでなく、地球温暖化やCO2削減、防災なども見据え、都市の構造をどうすべきか、それを支える交通システムはどうあるべきかを考える必要があるのです。

道路情報板の効果と渋滞を減らす試み

イメージ2
運転者は道路情報板を見られるか

高速道路には、図形や文字による道路情報板があふれています。特に、地図上に渋滞情報が描かれている図形情報板は、限られたスペースの中に情報がコンパクトにまとめられている点で高い評価を受けています。しかし、問題はこれを運転中に見なければならないという点です。研究によると、情報板が複雑になるほど内容が判読しにくくなってきており、行き先や経路が決まっているならばともかく、首都高速など複数の経路がある場合など、どの経路が理想的かを瞬時に判断するのは難しいのです。

渋滞情報の功罪

それでも渋滞情報を表示することで経路が分散するので、道路情報板は一定の効果をもたらすことが期待できます。一方、複雑な情報板では情報を見るために速度を落とす運転者がいる場合もあり、渋滞の遠因になっている可能性も示唆されています。また同じ目的地に向かう2本の経路があった場合、片方が渋滞しているという情報を流すと、大多数の運転者がもう片方の経路に向かい、そちらで渋滞を起こしてしまうケースも見られます。これは実際の渋滞情報が表示されるまでにタイムラグがあるために起こる現象で、これは道路情報板がもたらす弊害です。しかし、だからといって運転者の行動を予測し、どちらかに誘導するような情報を流すことはできません。

渋滞を減らす試み

圏央道や新東名高速が新設されるなど、高速道路のネットワーク化が進む中、各道路会社はドライビングシミュレーターなどを使った実験や検討会を行い、対策を練り始めています。また渋滞情報が表示されるカーナビも増えていますが、こちらは画面が小さいこともあり、さらなる情報内容の工夫が必要でしょう。一方、カーナビを使った別のアプローチとして、各メーカーが車両の動きのデータを集めて利用するサービスも始まっています。運転者から集めたデータを用いて交通状況を予測し、経路案内をする試みです。いかに渋滞が少なく、スムーズな走行ができるか、道路会社や自動車会社などが試行錯誤の取り組みを続けているのです。

高校生・受験生の皆さんへのメッセージ

誰もが将来「こんな研究がしたい」「こんな仕事がしたい」というイメージがあるでしょう。それに向かって突き進むのもいいですが、一見自分の守備範囲外だと思っても、ちょっとでも興味のある分野に出会ったら、どんどんチャレンジしてください。若い頃の視界は限られており、「本当に面白いこと、重要なこと」は見えていないかもしれないからです。新しいことを知った結果、最初のイメージが変わってしまうことも珍しくありませんが、恐れずに新しい世界へと踏み出し、充実した人生を送ってください。


夢ナビ編集部監修

ページトップへ