本文へ移動します

横山 勝英 准教授

横山 勝英 准教授

都市環境学部 都市基盤環境コース
横山 勝英 准教授

キーワード:
植樹, 自然, 共存

水害のダメージを最小限に抑える

イメージ1
災害対策に絶対大丈夫はない

近年、台風の巨大化が指摘され、集中豪雨は増加傾向にあります。水害から人と暮らしを守るには、どうすればいいのでしょう。100年に一度の大きな洪水に耐えられる堤防をつくっても、200年に一度のより大きな洪水が来たら壊れてしまい、200年レベルに耐えられても、300年クラスの大洪水がやってきたらと、想定は常にそれを上回る可能性があり、言い出したらきりがありません。残念ながら、災害を正確に予測し完璧に防ぐすべは、現在のテクノロジーをもってしてもないのです。

「減災」というキーワード

東日本大震災後、「減災」という考え方が注目されています。被害ゼロをめざす「防災」に対して、被害をゼロにはできないが、できるだけゼロに近づけようとする取り組みが「減災」です。例えば河川の水災害を防ぐ手立てとして、ダムによる洪水制御や堤防による氾濫防止などがあげられますが、ハード面の対策だけで絶対に安心ということは言えません。もし、堤防から水があふれたら、もし堤防が決壊したらということを考え、ハザードマップ(被害予測をした地図)の作成、正確な情報を確実に伝える仕組みづくりなど、ソフト面を組み合わせることで、想定外に柔軟に対応しようとする動きが高まっています。

ベストが無理ならベターを

「減災」の考え方は、河川の分野では早くから提唱されていました。水害で最もダメージが大きいのは、堤防の決壊です。決壊さえしなければ、被害を最小限に抑えることができます。そこで始まったのが、「スーパー堤防」プロジェクトです。これは堤防を高くするのではなく、盛り土によって幅を広げ、街そのものをかさ上げします。
「河を治める者は天下を治める」ということわざがありますが、自然を人間の意のままにコントロールすることはできません。また、川は人間だけのものではなく、自然環境を守ることも大切です。その現実を受け止め、自然と人間社会がうまく共存していくために、さまざまな模索がなされています。

山に木を植えると、なぜ魚は元気になるのか

イメージ2
深遠なる水環境

東京の水道管の水漏れの割合、「漏水率」は2011年現在3%で世界一良好です。アジアの主要都市は30%前後で、先進国でも10%程度と言いますから、これは驚異的な数字です。私たちが水を自由に使え、安心・便利・快適に暮らすことができるのは、地中に埋まっている水道管や水源のダムのおかげです。
こうしてみると、世界屈指の水資源管理能力を誇る日本は、水環境の研究でもほかを圧倒していると思われるかもしれません。しかし実際は、わからないことだらけの分野なのです。

海の民が森を育む

例えば宮城県気仙沼には、「森は海の恋人運動」という活動があります。1970年代、海の水質の悪化により名産の牡蠣(かき)が大きな打撃を受けたことをきっかけに始まった植樹活動です。
山に木を植えると川が綺麗になり、魚介類がよく育つとは、なんとなく感覚的にわかる話です。森の腐葉土には食物連鎖の原点となる植物プランクトンを育てる養分があり、それが川によって海に運ばれるという報告がありますし、森の保水能力や水質浄化機能についても、さまざまな分野で研究されています。森と川と海は密接に影響し合っており、豊かな生態系を育むカギとなるメカニズムがあることは間違いないでしょう。しかし、現在の科学のレベルではその因果関係をまだ証明できていません。

自然と人間の共存

水だけに絞るならば、その物理的な動きを予測することは可能です。ところが川や湖沼、海には生物がおり、土砂やさまざまな物質が含まれています。このような生物の動き、物質の移動や化学的な反応のすべてを知り、自然環境や私たちの暮らしにどのような影響が出るのか予測するのは難しいのです。
「ここにダムをつくったらどのような影響が出ますか?」と問われ、「間違いなくこうなります」と断言することはできません。社会に貢献する工学の使命を背負い、水工学など水に関わる分野では、今日も地道な研究が続けられています。

高校生・受験生の皆さんへのメッセージ

私はダムや川、河口といった場所において、水の流れ、土砂や物質の動き、生物の生息状況について研究しています。きっかけは、高校生の頃にテレビで見たドキュメンタリー番組でした。「川にダムをつくったことで水の量が減り、霧が発生しなくなった結果、川のそばで栽培しているお茶の葉が硬くなった」という報告に興味をもったのです。
このように、自然環境と人間社会は複雑に関わり合っています。興味があるなら、机上で知識を身につけるだけでなく、実際に現場で触れながら、環境問題の解決に貢献してください。


夢ナビ編集部監修

ページトップへ