本文へ移動します

高木 次郎 准教授

高木 次郎 准教授

都市環境学部 建築都市コース
高木 次郎 准教授

キーワード:
材料, 建築, 強度

建築における強度と安全性について

イメージ1
材料の組み合わせで強度を高める

現在の住宅建築では、単一の材料というより、材料を複合して建てられるケースが増えています。例えば、鉄筋コンクリートは鉄とコンクリートの組み合わせです。コンクリートは石のような性質を持っており、潰される力には強い反面、引っ張ろうとする力には弱く、ひび割れてしまいます。一方、鉄は引っ張る力に強いですから、鉄とコンクリートを一体化することで、押しても引いても丈夫な構造が造れます。
ほかに木と鉄の組み合わせもあります。木の持つ、軽く持ち運びに優れ加工しやすい特性と、鉄の強い特性を組み合わせることで、より安全性の高い住宅を造っています。

建築物の強度計算は難しい

しかし、地震などの災害に対して、100%安心な建物を造るということは不可能です。しかも建築の場合、工業製品と違い、試作品を造って実験して市場に送り出すというプロセスを踏むことはできません。パーツごとの実験はできるケースもありますが、家全体を試作するのは一般的ではありません。通常、コンピュータでの計算に基づいて設計、建築が行われます。
また建てる場所の土壌や大工の技術によっても、強度は左右されます。ですから本当の意味での強度を解析、数値化することは非常に難しいというのが現状です。

リスクを認識した上で安全性の議論を

このように建築とは、解明しきれていない部分が多いのです。これからの建築は、建築主と建築業者が「法律が要求する安全を確保した建物は建てられるが、その基準が絶対安全とは限らない」ということを念頭に置いた上で、リスクをしっかりと共有する必要があります。その上で、どうすればそのリスクをカバーできるのか、あるいは壊れることも想定して、このように壊れるようにすれば居住者の命や大切なものを守れるかなどといったことを話し合い、安全性を高めていく、という取り組み方が必要でしょう。

建築構造の視点から団地問題を考える

イメージ2
憧れの住まいから住みにくい老朽住宅へ

高度経済成長時代、大都市の郊外を中心に、「プレキャストコンクリート構造」の団地が建てられました。プレキャストコンクリートとは、工場で事前に成形されたコンクリートで、現場ではプラモデルのように簡単に造れるというメリットがあります。
団地が建てられた当時は、憧れの住まいだったわけですが、30年も経つと老朽化やライフスタイルの変化により、住みにくくなってきました。エレベーターがなかったり、天井が低かったり、部屋の広さも50平方メートル前後と子どもがいる家庭には手狭なため、若い世代は引越しをし、高齢者だけが残るという団地が増えています。

大幅改修で住みやすい住宅へ

こうした古い団地は取り壊し、建て替えるというケースもありますが、一方で大幅な改修をして使おうという動きもあります。例えば、壁など部屋の仕切りを取り壊し、間取りを変更したり、1戸あたりの面積を増やしたり、断熱設備を設置したり、大がかりなものでは床を抜いてメゾネットタイプにするといったことです。現在は、こうした改修により建物の強度が落ちないかなどを調査するのに時間がかかっており、まだ一般的とまではなっていない状態ですが、今後大幅な改修は普及することが予想されます。

若者が入居すれば団地に活気が戻る

残念なことに、高度経済成長期の建築物には、水増ししたコンクリートが使われるなど、違法な手抜き工事が多々行われていたことも事実です。しかし団地は、事前に工場で成形されるため、建設現場で不正ができないことから、しっかりした材料を使用し、極めて頑丈に造られています。また、最近建てられたマンションなどよりも周囲の緑が豊かだったりします。
大幅な改修は、建て替えに比べ費用を抑えることもできますし、住みやすい住居にすることで、若い世代が団地に戻ってくることも考えられます。若い世代が入居することは、団地が活気を取り戻すことにもなるでしょう。

高校生・受験生の皆さんへのメッセージ

私は、建築の骨組み、構造の研究をしています。東日本大震災では数多くの建物に被害が及びましたが、あのような大きな災害に対して強い建物を造ることや、いろいろな材料や技術を組み合わせることによる新しい工法や、建物の空間の創出について研究開発をしています。このような物づくりを通じて、豊かな空間をつくり、社会に潤いを与えることができればと思っています。あなたも興味があるなら一緒に研究しましょう。


夢ナビ編集部監修

ページトップへ