本文へ移動します

林 文男 教授

林 文男 教授

都市教養学部 理工学系 生命科学コース
林 文男 教授

キーワード:
動物, 学習・学び, 観察

森にすむネズミだって、学習している!

イメージ1
アカネズミの自己学習

森にすむアカネズミという野ネズミは、オニグルミという野生のクルミを好んで食べます。オニグルミは殻が硬く、中身を食べるには、効率的に穴があけられる場所を見極めてかじる必要があります。その方法を、アカネズミは、「学習」により身につけていることが実験で明らかになりました。オニグルミが育たない森で捕獲したアカネズミに毎日1つずつオニグルミを与えると、最初は殻のあちこちをかじっていたものが、2週間もすると、最も効率よく中身を食べられる場所をかじるようになりました。つまり、アカネズミは自己学習によって穴をあける最適な場所を見つけたのです。

母親の行動を見て学習する

アカネズミは仲間の行動を観察して最適な穴のあけ場所を覚えることもあります。まず、オニグルミに上手に穴をあけられる母親ネズミに子どもを産ませます。そうして、毎日オニグルミを1つずつ与えて子育てをするグループと、オニグルミをまったく与えないで子育てをするグループに分けます。その後、それぞれの子どもを母親と隔離してクルミを与えると、母親がクルミを食べるのを見て育った子どもたちは最初から最適な場所に穴をあけられるのに対し、クルミを与えられなかった母親の子どもたちは上手に穴をあけられませんでした。つまり、最適な場所に穴をあけた子ネズミは、母親の行動を見て学習していたのです。他者の行動をまねたり観察したりして、行動をすることを「社会的学習」と言います。

若い時期ほど社会的学習の効果が大きい

社会的学習による行動は、若い時ほどよく身につくことが、森にすむニホンリスの実験でわかっています。オニグルミを上手に食べるリスの様子を、オニグルミをまったく知らないいろいろな年齢のリスに50日間見せたところ、若いリスほど上手にオニグルミを食べられるようになりました。
もしオニグルミが伐採されてしまったら、学習によって維持されているアカネズミやニホンリス独自の行動パターンもそこからなくなってしまいます。そういう意味でも自然保護は大切なのです。

プレゼントを渡して、メスの気を引く昆虫のオス

イメージ2
オスからメスへのプレゼント

動物の中には人間のような行動をとるものがいます。例えば、ヘビトンボという昆虫は、交尾をするとき、オスがメスにプレゼントを贈る「婚姻贈呈」と呼ばれる行動をとります。オスは、体内で栄養満点のゼリーを作って貯えておきます。交尾のとき、それを押し出して作った「精包」をメスの尾部の先端に付けます。精包の中心部にある精子は、その後メスの体内へ入っていきますが、その外側のゼリー状物質はメスによって全部食べられてしまいます。つまり、精包がオスからメスへのプレゼントなのです。

オスにとって、とても高価なプレゼント

精包は大きくて、メスにプレゼントを渡すと、オスは体重の10~20%を失ってしまいます。メスを探して次の交尾をするためには、また体内でゼリーを作って貯めなければなりません。餌が十分に取れたとしても、体重を回復させるには2日ほどかかります。オスの寿命はそれほど長くないので、一生の間に数回しか交尾ができない勘定です。メスにとって、この精包は自分の栄養になるのでとても得をします。オスにとっても、メスが精包の栄養を使って卵を成長させて産卵してくれると、自分の子へ栄養を渡すことが可能です。

牙が長いオスは力でアピール

しかし、ヘビトンボの仲間には、交尾のときにオスが大きな精包を渡さない種類もいます。そうしたオスでは、クワガタムシのように、牙(きば)が長くなっています。こうした種類では、メスを獲得するために、オス同士が長い牙を使ってけんかをします。こうしたけんかでは、より立派な牙を持っているオスの方が有利です。もし、ここで、大きな精包も渡すとなったらどうでしょうか? オスは牙も大きくしなければならないし、たくさんのゼリーも作らなくてはなりません。とても身が持ちそうにありません。そのために、大きな精包を作る種類では牙は小さく、牙が長い種類ではゼリーを作らないというわけです。プレゼントで気を引くか、強さで魅了するか、異性へのアピール方法は、人間も昆虫もあまり変わりがないようです。

高校生・受験生の皆さんへのメッセージ

動物の形態や行動は多様で、研究されていないことも多いため、何か興味を持って調べ始めると、芋づる式にいろいろな発見があります。それまで説明がつかなかったことが、新たな発見によって説明できるようになると、大きな達成感が得られます。また、動物を深く知ることは、その先にいる人間についての理解を深めることにもつながります。ですから、ぜひ、野生動物に関心を持ち、その習性や形態、行動などに疑問を持って観察してみてください。

夢ナビ編集部監修

ページトップへ