本文へ移動します

瀬尾 明彦 教授

瀬尾 明彦 教授

システムデザイン学部 経営システムデザインコース
瀬尾 明彦 教授

キーワード:
人間工学, 生産効率, 商品開発

人間の姿勢や動作を分析することで、作業効率を上げる

イメージ1
人間工学に基づく製品づくり

私たちは普段、携帯電話やスマートフォンを何気なく使っていますが、その大きさや形、ボタンやアイコンの配置などは、人が持ちやすく、操作しやすいように作られています。こうした「人間にとっての使いやすさ」を研究する学問が「人間工学」です。現在、何か新商品を開発するにあたっては、人間工学の考え方は欠かせないと言われています。ドアに付けるノブの高さから、ペンの太さまで、「使いやすい」とはどういうことかを分析、数値化し、理論化していくのが人間工学だと言ってもいいでしょう。

負担の少ない作業姿勢

人間工学が必要とされるのは、商品開発の現場ばかりではありません。工場で作業をする人や農作業に従事する人たちが、なるべく体に負担がかからないような作業姿勢とはどういうものかを考えるのも、人間工学の大きな役割です。工場では、同じ製品を大量生産しますから、作業者は同じ動作を何度も繰り返すことになります。また例えば家電製品では、なるべくネジなどが外から見えないような、見栄えの良いデザインが喜ばれますが、そうすると工場で組み立てる際にネジが締めにくく、作業員の負担が大きくなることもあり得ます。いずれも、負担の大きい作業を続けていれば、生産効率も落ちることになってしまいます。

経営と人間工学

工場ではどんどん機械化が進み、オートメーション化されている部分も多いですが、人の手でないとできない工程もまだまだたくさんあります。近年では、どんどん新しい商品を作り出すという流れが加速しており、その工程をすべてオートメーション化するには膨大なコストと手間がかかってしまうので、あえて人手でやるほうが効率がいい場合もあります。作業の効率化というのは、経営におけるもっとも大きな課題のひとつです。作業姿勢や動作という観点から経営を考える場合、そこに人間工学が大きな役割を果たすことになるのです。

「使いやすい」とはどういうことか

イメージ2
スイッチひとつにも人間工学

人間がものを取り扱うときには、ものの重さや使うときの動作に応じて肉体的な負担がかかります。その負担を分析し、改善していくのが、「人間工学」という学問の大きな目的のひとつです。家電製品やパソコンのスイッチひとつをとっても、人間工学の考え方が取り入れられています。パソコンのキーボードは素早く打てるようになるべく軽く、でもある程度の押し応えがあるようにできていますし、電源ボタンは間違えて押さないように少し重く、ぐっと力を入れて押すようにできています。肉体的負担の軽さだけではなく、使うときの便利さや快適性、安全性までをも含めて、その商品の「使いやすさ」は決まるのです。

「使いやすさ」の分析

その「使いやすさ」を追究していくためには、ある動作をするときに、人間はどの筋肉とどの筋肉をどのように使うのかということについて、たくさんの人のデータをとらなければなりません。これは、体に電極を付けて、実際に作業をしたときの筋電図を見て、分析していきます。しかし、性別や年齢によって、筋力は大きく違いますし、同じものを扱う動作でも、人によってのクセなど、個人差もかなりあります。人体の構造を研究する医学の分野、そして認知科学や心理学といった分野までをも取り入れて、「使いやすさ」を理論化していくのが、人間工学の課題です。

タッチパネルの変化

例えば、駅の自動券売機や銀行のATMなどにはタッチパネルが使われていますが、パネルの中のボタンの配置やパネル自体の角度なども、時代により変化しています。真上から操作する場合はボタン部分が手の陰になって見えにくいことがあることから、パネルには少し角度をつけて斜めにするなど、不特定多数の人が使いやすいように改良が重ねられてきました。その裏には、地道な人間工学の研究成果があるのです。

高校生・受験生の皆さんへのメッセージ

人間がものを使うときの体の使い方は、じつに巧妙です。姿勢のとり方や力のかけ方が少し違うだけで、うまく操作できたりできなかったりします。その背景にあるのは、人間のたくさんの関節を構成している骨格や筋肉の仕組みの複雑さであり、その知識の集大成が解剖学や生理学です。さらに、そうした人体の複雑さを考慮して商品を作るとなると、商品の仕組みと人間の仕組みの調和をとることが必要になってきます。あなたが人間の仕組みに興味があって、ものを作ることにも興味があるなら、人間工学はとても面白い分野だと思います。


夢ナビ編集部監修

ページトップへ