本文へ移動します

今間 俊博 教授

今間 俊博 教授

システムデザイン学部 インダストリアルアートコース
今間 俊博 教授

キーワード:
アニメ(アニメーション), 視覚, 脳

空中浮遊を撮る方法~動画やアニメに使われるデジタル技術~

イメージ1
「空中浮遊」をどうやって撮る?

――美少女が、空中に浮かんで、校庭をすーっと横切っていく。
台本に、こんなト書きがあったら、どうやって撮影すればいいでしょう。これは「空中浮遊」と呼ばれる映像表現ですが、アニメーション技術を使えば、簡単にできます。まず、美少女に校庭の端で、ジャンプしてもらい静止画を撮影します。次に、少し進行方向にずれて、またジャンプしてもらい撮影。これを繰り返し、それぞれのジャンプから取り出した静止画像を連続させて動画にすると、あたかも浮かんで進んでいるように見えます。動画から静止画を取り出し、再び動画にするテクニックは、アナログフィルム時代からありましたが、デジタル化で、より簡単にできるようになりました。

人の動きがそのままアニメに

さらに、モーションキャプチャ(Motion Capture)のようにデジタルならではの新しい技術も登場しています。今度はアニメーション作品のト書きだと思ってください。
――男が、空手の練習をしている。
モーションキャプチャでは、空手の心得がある男性の、全身の関節部分などにマーカーをつけて、実際に空手の動きをしてもらいます。センサーでそのマーカーの動きを読み取り、それをCGアニメーション画像で再現します。

リアルなままだとリアルだと感じない

リアルな動きを再現した映像だとしても、アニメのキャラクターが人間とまったく同じ動きをすると、見る側は違和感をもつことがあります。例えばマネキン人形が、人間そっくりの動きをすれば、恐怖感さえ生まれます。そこで、「カッコイイ」とか「リアルだ」と感じさせるためには、リアルなデータを誇張したり省略したりする必要があるのです。人間は、目から入った情報を脳で処理して「見えた」と感じています。そのような、脳の仕組みも考慮しながら、どう加工したらデジタル映像をより楽しんでもらえるのかという研究も進んでいます。

人間は、目ではなく「脳」でものを見ている

イメージ2
イメージ通りに撮れない

友だちの誕生日パーティーで、ケーキにろうそくを立て、電気を消すと、とても幻想的で美しいので、カメラでパチリッ! しかし、そこに写ったのは、みんなの顔が赤っぽくまるでお酒を飲んだように、見た目とは違う画像でした。こうした「イメージ通りに撮れない」という経験は、よくあるでしょう。これは、カメラが悪いのではありません。むしろカメラのほうが、あるがままを写しているのです。

3場面だけなのに連続して見えてしまうフシギ

人間は、目から入った情報を脳で処理して、「見えた」と感じています。冒頭のろうそくの場合、カメラでは「ホワイトバランス設定」で全体を青っぽくすると、キレイに撮れます。同様に私たちの視覚でも、脳で何かしらの操作が行われているので、ろうそくの赤が中和され美しく見えるのです。
アニメなどの映像は、こういった脳の処理を利用しています。例えば、ダンサーが正面、右、左を向いている写真が3枚あるとしましょう。3枚を速度を上げて切り替えながら見ると、まるでダンサーがくるりと回転しているように見えます。しかし同じ映像を見ているのに、右回りに見える人と、左周りに見える人があらわれます。

観客の脳を気持ちよくだます

日本のアニメでは、この脳の「クセ」を利用して、例えば、野球のバッターがボールを打ち返す場合、「構えている」→「バットにボールが当たる」→「バットを振り切る」の3画面だけで、表現するのが一般的です。すべての画面を描かなくても、脳は、バッターがバットを振りボールをはじき返したと、感じるからです。そして、面白いことに、実写のように細かく画面を増やすと、かえって「このアニメの動きはシャープでない」と感じるのです。
このように人間は、「目ではなく、脳で見ている」ことを理解して、それでは「どう見せるか?」と考えるのが、映像を作るポイントです。それは「観客の脳を気持ちよくだますためには、どう作るのか?」と、まず考えてから制作することでもあります。

高校生・受験生の皆さんへのメッセージ

私が大学を卒業し、就職したのは、毎日同じ仕事が繰り返される、安定した職場でした。しかし、もっとアップダウンのある人生が送りたくて、草創期だったコンピュータグラフィックスの会社に転職しました。まだ確立していない業界でしたので、大変なこともありましたが、毎日がとても刺激的で楽しかったです。腹が減っている時ほど飯がウマイように、辛いことがあるからこそ人生は楽しいのだと思います。スキーやバイクなどのスポーツで、一番面白くカッコイイのは、カーブしている最中です。不安定というのは、面白いのです。


夢ナビ編集部監修

ページトップへ