本文へ移動します

石川 博 教授

システムデザイン学部 情報通信システムコース
石川 博 教授

キーワード:
ビッグデータ, GPS, IC(集積回路)

「ビッグデータ」で、2020年の新しい東京のまちづくり

新しい東京のまちづくりに向けて

2020年にオリンピックが開催されることになった東京では、それに向けてさまざまな側面からの見直しや整備が必要となってきています。例えば、海外から多数訪れる観光客をより適切に受け入れる態勢の構築や、交通網の利便性の向上、防災面の強化などは、非常に重要な課題です。そうした部分を見直していく際に有効だと考えられているのが、「ビッグデータ」と呼ばれる情報です。

ビッグデータの分析で得られるヒント

ビッグデータとは、交通機関のICカードのデータや、人工衛星によるGPSデータ、防犯カメラの記録映像、TwitterやFacebookなどから生成されるソーシャルデータなど、私たちの身の回りで日々刻々と生み出されている膨大な量のデータのことです。これらを統合的に分析していくと、都市の整備に役立つ新しい知見やヒントを得ることができます。海外からの観光客が発するソーシャルデータや交通機関のデータを分析していくと、東京のどの場所が外国人観光客に人気なのか、どのような順番で観光スポットを巡っているのか、日本人の私たちだけでは想像できないような事実を客観的なデータとして得ることができます。そうしたデータは、外国人向けの観光プロモーション戦略や、交通機関の運行体制の整備に有効に活用することができます。

防災レベルの向上にも役立つビッグデータ

ビッグデータは、都市の防災の面でも活用が期待されています。例えば、一般の住宅自体にタブレットやスマートフォンにも似た端末を設置し、地震計などから得られるデータを取得し続けることで、その家が今どのような状態なのか、別の場所からでもスマートフォンなどでアクセスして情報を得ることが可能になると、まち全体の防災レベルの向上が期待できます。来るべき2020年に向けて、東京のまちづくりでビッグデータが果たす役割は、ますます重要なものになっていくでしょう。

社会にあふれる「ビッグデータ」を分析すると、何がわかる?

日々刻々と生み出される膨大なデータ

私たちの身の回りには、膨大な量のデータがあふれています。電車やバスで使うICカードでチェックイン・チェックアウトした時のデータや、人工衛星で位置を割り出すGPSデータ、防犯カメラの記録データなど、その種類は実にさまざまで、しかも日々刻々と生成され続けています。このようなデータを「ビッグデータ」と呼びます。ビッグデータは、2020年には35.2ゼッタバイト(ゼッタは10の21乗)もの量に達すると予測されています。

ビッグデータ分析で得られる新たな可能性

こうしたビッグデータの中に、TwitterやFacebookなどのソーシャルネットワークから生成されるソーシャルデータがあります。10億人以上とも言われる利用者から得られるソーシャルデータは、世の中の人々がどのようなことに関心を持っているのかが、リアルタイムに反映されるのが特徴です。
ビッグデータとソーシャルデータを分析していくと、今までわからなかった現象が明らかになる場合があります。例えば、ある日の夜に突然、特定の駅からの電車の利用者が激増して混雑しているという交通データが得られた時、同時刻のソーシャルデータを分析すると、その駅の近くのホールでアイドルグループのコンサートがあったことがわかり、それが混雑の原因と結びつく、といったものです。こうしたビッグデータをひもとく「統合分析」を積み重ねていくと、私たちの社会の産業構造を変えるような、新しい知見が得られる可能性があります。

データとのつきあい方を学んでいく

ビッグデータを扱う際に気をつけなければならないのは、個人のプライバシーに関わるデータが多く含まれているという点です。データを生成する機器やサービスを提供する側は、どのようにしてデータを扱っているのかを明らかにして、説明責任を果たす必要があります。そして私たち自身も、社会にあふれるデータとのつきあい方を学んでいく必要があるのです。

高校生・受験生の皆さんへのメッセージ

私の研究は、ビッグデータとソーシャルデータを分析して新しい知見を得ることを目的にしています。ビッグデータとはあなたの身の回りにあふれているデータで、例えば交通機関のICカードのデータや人工衛星のデータ、Twitter、Facebookなどのソーシャルデータもそれに含まれます。そういったものを集めて分析すると、今までわからなかったような新しいことが明らかになるのです。こうした分析を進めるにはさまざまな種類の技術が必要ですが、社会のいろいろな側面について知ることができるのです。

夢ナビ編集部監修

ページトップへ