本文へ移動します

ミニ講義 ― 首都大学東京の「学び」を体験!
下川 昭夫 教授

下川 昭夫 教授
H30再編後の所属
人文社会学部 人間社会学科
心理学教室
下川 昭夫 教授 【教員紹介】
キーワード:
臨床, コミュニティ, 発達障がい

課題のある子どもたちを、コミュニティの力で支えよう

イメージ1
支援が届きにくい子どもたち

発達障がいがある子どもへの支援の必要性はよくとりあげられています。そのほかにも、さまざまな「わけ」があって、サポートを必要としている子どもは意外と多いのですが、必ずしも支援が行き届いているわけではありません。
子どもたちの課題にはさまざまな「わけ」があるので、それがきちんと理解・把握され、それにあったサポートが受けられればよいのですが、子どもたちの数も多く、サポートの手も十分ではないので、なかなか難しいのが現状です。

コミュニティ臨床に期待される役割とは

このような子どもたちをコミュニティのつながりの中でサポートしていこうという試みの1つが、「コミュニティ臨床」という取り組みです。学校の努力だけでは支援が届きにくい子どもたちに、臨床心理学を学んでいる大学生や大学院生がサポーターとして、実習をかねた支援のお手伝いを行っています。
子どもたちを取り巻く世界も複雑化しており、昔のようにのんびり1日を過ごしていられなくなり、いろいろなことに対応していかざるを得なくなってきました。その変化を乗り切る力がさまざまな面で十分でない子どもたちから、だんだんと課題が表面化するようになっています。そのため、学校や地域コミュニティに関係する人たちとつながりを持ちながら、継続的な支援を行う「コミュニティ臨床」の考え方は、今後ますます重要な役割を担っていくと考えられます。

学級の中の「糊(のり)」としてのサポーター

小中学校では子どもたちは、学習と同時に、先生や友だちとの交流を通して適度な距離を持った関係を学んでいきます。発達障がいの有無にかかわらず、この関係がうまく作れず、孤立したり、トラブルになってしまう子どもの行動のわけを理解した上で声をかけたり、見守ったりする存在があるだけで課題が改善される場合もあります。
学級を支援するサポーターには、先生のニーズや子どもたちの課題のわけを理解し、先生や子どもたちをつないでいく「糊」としての役割が期待されているのです。

「中1ギャップ」を埋めるための、「コミュニティ臨床」とは?

イメージ1
「中1ギャップ」の背景にある状況

子どもを取り巻く課題の1つに「中1ギャップ」があります。これは中学入学後に、学級担任制から教科担任制への変化といった学校制度のギャップや、不登校などが急に増加する統計的なギャップを指すものです。これは中学で勉強が難しくなり、主体的・自立的な取り組みが求められる中で、勉強につまずいたり、小学校から登校しぶりなどがあった子どもたちが、気後れを感じてさらに登校しづらくなったり、我慢していたため特に課題が目立たなかった子どもでも、さまざまな取り組みを求められる中で耐えきれなくなるといったことなどで起こってきます。

潜在的に課題のある子どもを手助け

小学校で医療や通級(通常学級に在籍しながら個別的な特別支援教育が受けられる制度)といった、専門的援助の対象となっていなくても、潜在的に課題を抱えている子どもたちは多くいます。これまで支援が届きにくかった子どもたちを手助けし、中1ギャップの緩和の一助となると考えられるのが「コミュニティ臨床」というアプローチです。  これは専門的な心理相談とは異なり、地域のつながりの中から、子どもの課題に合ったサポートを探っていこうという試みです。例えば自己評価の低い子どもには、臨床心理学を学んでいる大学生たちが支援に入り、受け入れてもらえた実感が持てるようなサポートを行うなどが考えられます。

つながりの中での専門的援助の必要性

このような中1ギャップに対し、小学校のうちから子どもたちの抱える課題の背景やわけを理解し、適切なサポートを行うことも必要なのですが、ケースによっては心理療法や医療、適応指導教室などによる援助、さらには家族に対する支援といったさまざまな専門的援助が必要になる場合もあります。  臨床心理士は子どもの心理療法を主に担当しますが、医療や教育、福祉とつながりを持ちながら取り組む必要があるケースが増えてきています。地域の中でこういったつながりをあらかじめ作っておくことも「コミュニティ臨床」のアプローチの1つとして考えられます。

高校生・受験生の皆さんへのメッセージ

高校生や大学生の頃は、自分はどのような人間で、将来、何をしていくのかを見つけていく時期です。それは他人から言われるものではなく、自分で発見していくものです。
自分にとって「性に合っている」ものを見つけるには、さまざまな経験を積むことが必要です。自分と向き合い、自分の想いをたどる時間をぜひ持ってほしいと思います。私自身もそうでしたが、本当にやりたいことが見つかれば、大学に入ったあとで専攻を変えてもいいと思います。変化を恐れず、自由に自分の進む道を見つけていってください。


夢ナビ編集部監修

ページトップへ