本文へ移動します

石田 慎一郎 准教授

石田 慎一郎 准教授

都市教養学部 人文・社会系 社会学コース
社会人類学分野
石田 慎一郎 准教授

キーワード:
人類学, フィールドワーク, 比較

人類学に必要不可欠な、三つのアプローチ

イメージ1
実際の現場で観察する

人類学では、人間の生活に関わるあらゆるものが研究対象になります。経済や法、宗教、テクノロジーといったテーマ、また最近の卒業論文の例をあげると、「スカート男子」、「ゾンビ映画」といったトピックさえも研究対象になり得ます。ただし人類学では、どんなトピックを研究する際にも共通した三つのアプローチ、つまり研究の方法があります。
第一の方法は、必ず現場に出かけて観察をするということです。例えば、「椅子」も十分人類学の研究対象になりますが、その椅子を自宅に持ち帰り、材質や座り心地を調べるのは、別の学問領域です。人類学の場合は、その椅子がもともとどの空間に置かれていて、人間がどのように使っているか、ほかの椅子との違いや位置関係はどうなっているかなど、椅子が置かれているコンテクスト(文脈)を観察します。このように現場に出かけて調査することを、「フィールドワーク」と言います。

「部分」を見て、「全体」を考える

第二に、「部分」を研究しながら「全体」を見るということです。例えば「スカート男子」について研究するなら、そこから社会全体を見てみるということです。その結果、スカートが女性と結びついている服飾文化を批判的に考えるきっかけになるかもしれません。さらに発展させ、人間とはどういう存在かを考えてみるのです。一つのトピックを大きな視野でとらえることが重要なのです。

「正しさ」は複数あることを認識する

第三に、研究対象が自分とは異なる文化・社会に属していても、自分も正しいし、相手も正しいと考えることです。正しさは複数あるという認識が、人類学を学ぶ上での基本的な前提となります。
こうしたアプローチに沿って、自分とは異なる文化や社会を研究しながら、自分が属する文化や社会と比較し、研究を進めていく手がかりにします。この「比較」がポイントです。異なる点=多様性を見るだけではなく、そこから人間に共通するもの=普遍性を模索することが、人類学では非常に重要な意味を持つのです。

人類学的な見地で「法」を観察すると

イメージ2
地域固有の秩序を研究する法人類学

「法」を研究する際、法人類学と法学とでは、法に対するアプローチの仕方が異なります。法学では、主に国家の法の解釈や裁判所の判例などを研究しますが、法人類学では、地域に存在する固有の規範や秩序を研究していきます。
一例を挙げると、ケニアでは、国の司法制度がありますが、それと並存する、村などで定められた「法」が機能しています。殺人事件が起きれば加害者は国の法律に基づいて裁かれますが、同時に事件の起きた村で、加害者の親族が被害者の親族に、賠償として多くの家畜を支払う手続きが行われることがあります。国が自分たちの手の届かないところで加害者を裁くだけではなく、当事者の親族が主体となって、深刻な事態に向き合っているのです。

国の法に頼らない紛争解決もある

このように、紛争処理や犯罪解決を国の法や裁判だけに頼るのではなく、ほかの形でも実現している例は世界各地で見られます。これは「オルタナティブ・ジャスティス」と呼ぶことができますが、最近では先進国でもその重要性が認められてきています。日本でも2007年に、裁判外紛争解決手続きの利用の促進に関する法律であるADR法が施行され、土地や家族間の問題、医療トラブルといった民事の紛争については、法務省の認証を受けた民間の紛争処理機関が裁判外で解決できるようになりました。公的な裁判制度と民間の機関とで連携して紛争解決にあたろうという動きです。

応報的司法から修復的司法へ

刑事事件においても同様の変化が見られつつあります。法学者たちの間で最近言われている「修復的司法」もその一つです。刑事裁判では加害者を裁くこと(応報)を重視してきましたが、世界各地の多様な犯罪解決方法から学び、被害者への賠償や癒しを重視した刑事司法を考えようという動きです。こうしたオルタナティブ・ジャスティスの可能性を考えるうえで、法人類学の研究成果から学ぶことが数多くあるのです。

高校生・受験生の皆さんへのメッセージ

高校ではまず、高校生としての勉強をしっかりやって基礎学力を身につけておきましょう。大学で何を学ぶか悩む時期でもあると思いますが、学問とは想像以上に多様なものです。私自身、高校時代は、大学で日本史を学ぼうと決めていましたが、大学に入ってから、人類学の存在を知ったのです。そういう例もあるので、大学で何を学ぶのかを決めるのは入学後の楽しみにとっておくということでもいいと思います。現時点での関心を大切にしつつ、幅広い学びが可能な大学を選ぶとよいかもしれません。


夢ナビ編集部監修

ページトップへ