本文へ移動します

西郡 仁朗 教授

都市教養学部 人文・社会系 心理学・教育学コース
日本語教育学分野
西郡 仁朗 教授

キーワード:
日本語, 教育, 言語

外国人のための、日本語教育のこれから

日本で働くために来日する海外の人材

日本は、インドネシア、ベトナム、フィリピンなどの国々と、EPA(経済連携協定)という条約を結んでいます。EPAとは、2つの国の間で物流、投資、人材などの障壁をできるだけなくし、さまざまな分野でものやサービスの自由な貿易を進めることを目的とした協定です。
EPAが締結された国、例えばインドネシアからは、看護師や介護福祉士の候補者が毎年数多く来日しています。介護福祉士の候補者の場合、3年間の実務経験を積んだ後、国家試験に合格すれば在留資格を延長することができる取り決めになっています。また、EPA以外にもいろいろな分野での技能実習を目的としてさまざまな国から日本に来ている人もいます。

通常の日本語教育だけでは補えない部分

看護師や介護福祉士候補者の人々にとって、実務経験を積むために働きながら、国家試験に合格できるレベルの日本語を習得するのは、とても大変なことです。また、働く職場によっては、私たちが普段使わないような専門用語や、その職種特有のルールを覚えなければならない場合もあります。介護の現場では、強制や命令ではなく共感的で丁寧な表現が大切ですが、工事現場などでは、「どけ! 危ない!」といった、いざという時に安全を確保するための言葉も理解できなければなりません。通常の日本語教育の手法だけでは補いきれない部分があるのです。

日本を支えてくれる海外の人材を育むために

このように、職種に応じて最適な形の日本語教育を外国の人々に実施していくための手法の確立は、まだまだこれからというのが実情です。質の高い技術や技能を日本で提供することに意欲的な海外の優れた人材が、日本語という壁の前に残念な決断をしなくてすむように、よりよい日本語教育とそれを提供していくためのサポート体制の整備が求められています。日本語教育の質の向上は、これからの日本の社会を助けてくれる海外の人材を育む礎にもなるものなのです。

「外国語」として見直すと見えてくる、「日本語」教育のあり方

日本語は習得するのが難しい言語?

日本語は、外国の人々には習得するのが難しい言語だと言われることがあります。日本語を母語として普段から無意識に使っている私たちにとっては、具体的にどこがどう難しいのか、すぐにはピンときません。しかし、地球上に存在するさまざまな言語の中の一つとして日本語を客観的に見直してみると、外国の人々にとっていろいろと難しい面があることがわかってきます。

闇雲に教えても伝わらない「違い」

私たちが何気なく使っている日本語の促音(「っ」という音)は、実は外国の人々にはかなり難しい発音です。例えば、「切手ください(きってください)」と外国の人が言おうとすると、「来てください(きてください)」となってしまうことがよくあります。促音部分には音が存在せず、日本人はそこが無音閉鎖であることを時間的な長さとして(無意識に)知覚できますが、世界中のほとんどの言語では、音の長さ(拍)を知覚できないため、「きって」と「きて」の区別がつかなくなってしまうのです。
外国の人々にとって、こうした違いは自然にはわかりませんし、日本語を母語とする人がただ闇雲に教えようとしても、理解してもらうことは困難です。その人が話している言語と日本語とで何がどう違うのか、具体的な「気づき」を与えて意識してもらってから、それを反復して習得してもらわなければならないのです。

いろいろな面で「気づき」を与えるための工夫を

日本語教育の研究に取り組む際には、鏡のようにその対象となる言語を学び、その上で日本語の特徴を外国語として客観的にとらえて理解していくといいでしょう。外国の人々が日本語を学んでいる様子を観察して、彼らが何についての理解に苦労しているのかを把握する努力をすることも必要です。
母語は、普段から自然に使っているだけでは、それ自体の特徴を理解することはできません。学んでいく中で、いろいろな面で「気づき」を得られるような工夫をしていくことが大切なのです。

高校生・受験生の皆さんへのメッセージ

私が専門としているのは、日本語教育学です。
あなたは、日本語を母語として日頃から無意識に使っていますが、外国語として日本語を見た場合には、いろいろな難しい面があることがわかります。日本語を外国語として見直してみるのはいかがでしょうか。そうすれば、日本語を学ぼうとしている海外の人々にとって、それが大きな助けになるかもしれません。あなたが首都大学東京にくるのを、楽しみに待っています。

夢ナビ編集部監修

ページトップへ