本文へ移動します

石原 正規 准教授

石原 正規 准教授

都市教養学部 人文・社会系 心理学・教育学コース
心理学分野
石原 正規 准教授

キーワード:
意識, 心理学, 脳

「潜在意識」が人間の行動を左右する

イメージ1
知覚-運動系の情報処理プロセスを実験で解明

人間は、目や耳などから得た「知覚情報」を脳で「認知情報」に変換し、それをさらに「運動情報」に変えて体を動かすという「知覚-運動系の情報処理」を絶えず繰り返すことで、複雑な動きもスムーズに行うことができます。こうした知覚・認知・運動システムの機能的特徴や、一連の情報処理の流れに影響を及ぼしている要素を、実験を用いて探る学問が実験心理学です。

潜在意識が認知行動に影響を及ぼす

そうした実験をひとつ紹介しましょう。モニターにランダムに映し出される1から9までの数字をタッチして、文字が映し出されてから手を動かし始めるまでの反応時間(タッチするまでの動作時間ではない)を調べます。すると、数字の1の場合、左寄りに表示されたときは、反応時間が短く、右寄りに表示されたときは、長くなる傾向が見られました。一方、9の場合は、左寄りに表示されると、反応時間が長く、右寄りだと、短くなりました。また、同じ数字を横に羅列して一本の線を作り、その中心を指し示す実験では、2で線を作ったときは、中心より左寄りを指し、9のときは、中心より右側を指す傾向が見られました。これらの実験結果から、「人間には、『小さい数字は左側に、大きい数字は右側にある』という潜在意識がある」ということがわかりました。そして、それは、数字を横書きで書く場合、小さい順に左から書くことが影響しているのではないかと推察されます。右書き(アラビア文字、ヘブライ文字など)の文化では逆のパターンがみられるという報告もあります。

医学分野と連携し、脳機能障がいの研究も

近年、実験心理学でも異分野との連携が進んでおり、例えば、医学分野での連携に、高次脳機能障がいの研究があります。脳の頭頂葉を損傷すると、左視野を無視してしまう「半側空間無視」という失認症状が出ることがありますが、視覚に異常がなくても症状が出るため、視覚情報が運動情報に変換される過程に問題があると考えられ、その解明に実験心理学の手法が活用されています。

実験心理学は、「人間らしさとは何か」を考える学問

イメージ2
ヒューマノイドも完璧にはまねできない人間の行動

最近のロボット開発の進歩には目を見張るものがあります。ヒューマノイドと呼ばれる人型ロボットは、手足を動かすことはもちろん、悲しい、うれしいといった表情まで作ることができます。しかし、そうした高い能力を備えたロボットでも、その動きや表情は、「人間さながら」というレベルには、まだ遠いと言わざるをえません。それは、まだロボットが人間の行動を完全には再現できていないからでしょう。

知覚-認知-運動の繰り返しが人間らしい行動に

人間の行動は、一見シンプルに見えるものも、分析してみると、実に多くの要素で構成されていることがわかります。例えば、自動販売機で飲み物を買う動作を考えてみましょう。まず、販売機に並んだ飲み物の種類を目が2次元情報としてとらえ、それを脳が3次元の空間情報として認識し、自分の好みや今の気分、価格、量など、さまざまな要素をふまえてどれを買うか決めます。その判断は、運動情報に変わり、筋肉に送られた結果、お金を投入してボタンを押すという行動ができるのです。私たち人間は、こうした知覚から認識、運動までの一連の情報処理を瞬時に行い、しかも、常に新しい情報に更新しながらそのプロセスを繰り返すことで、違和感のないスムーズな動きができるのです。

実験心理学は、人間らしさを探るひとつの手段

実験心理学では、こうした知覚-認知-運動の一連の現象を取り上げ、それらの情報処理メカニズムの機能的特徴を、実験を通じて解明します。例えば、人間の行動には、経験や学習、習慣などが無意識に影響していますが、そうしたことも実験を行うことで見えてきます。
実験心理学により、知覚と身体の動きとの関連を示すデータを豊富に集め、それをロボット制御に応用すれば、より人間に近い自然で巧みな動きができるロボットを開発することもできるでしょう。つまり、実験心理学は、「人間らしさとは何か」を考えるためのひとつの方法だと言えます。

高校生・受験生の皆さんへのメッセージ

私の研究室では、先行研究に関する情報収集、実験装置の製作にはじまり、客観的なエビデンス(証拠)を得るための実験の組み立て方、研究方法、予想される結果など、問題解決の糸口を学生と一緒に考えながら研究を進めていきます。
研究は、主に実験心理学的手法、行動科学的手法を用いて行いますが、研究の対象は、あらゆる人間の活動です。新しい発想で研究に取り組んだり、新しい実験パラダイム(枠組み)を模索したりすることのできる好奇心旺盛でチャレンジングな学生を歓迎します。


夢ナビ編集部監修

ページトップへ