本文へ移動します

浅川 哲也 教授

浅川 哲也 教授

都市教養学部 人文・社会系
心理学・教育学コース
浅川 哲也 教授

キーワード:
ら抜き言葉, 日本語, 発音

増殖する「れれる言葉」─「見れれる」「来れれる」という言い方─

イメージ1
共通語と方言とが混同され「ら抜き言葉」に

「見られる」を「見れる」、「来られる」を「来れる」というような「ら抜き言葉」が一般化しつつあります。東京語の前身である江戸時代の話し言葉(江戸語)には「ら抜き言葉」はありません。東京語を元とする現代の共通語は江戸語の後身に当たるわけですから、「ら」を抜くのは正しくないと言えます。ら抜き言葉が東京語に広まったのは、1923年(大正12年)の関東大震災以降のことです。震災後の東京の復興のため、地方から多くの労働力が入りました。地方には「ら抜き言葉」のように聞こえる方言が多く、その影響で東京語でも「ら抜き言葉」が使われるようになったと考えられています。

「ら抜き言葉」から「れれる言葉」へ

2000年代に入ってからさらに変化が進み、「見れれる」「来れれる」という「れれる言葉」の使用がネット上で増えています。入力ミスにしてはあまりにも数が多く、国会会議録といった公的文書にも散見されることから、規範的な共通語使用という観点からは看過できない表現です。方言使用の影響が考えられますが、「れれる言葉」は共通語としては明らかな誤用です。「ら抜き言葉」を使ううちに、表現が不足しているような感覚で、さらに「れる」を文末に付け足して「見れれる」「来れれる」という使い方をしてしまうのです。

「れれる言葉」は受身の意味も表す

日本語研究者の一部には「『れる・られる』が自発・受身・可能・尊敬の四つの意味を表すのは無理がある、『ら抜き言葉』は可能の意味だけを表すから、むしろ良い変化だ」という意見があります。しかし、実際には、「ら抜き言葉」が進行した「れれる言葉」には、「彼氏に振れれる」「いじめれれる子ども」のような受身の意味や、「悩まれれている方」のように尊敬の意味が発生しています。ですから、「ら抜き言葉」を擁護する人たちの意見の根拠はもはや崩壊しました。いま、日本社会と日本語の中で起きている重大な変化と、私たちはどのような姿勢で向き合うのかということが問われているのです。

古代の日本語は、どのように発音されていたのだろう?

イメージ1
社会が動揺すると言語は変わる

言語は常に変化しており、同じ言葉でも違う意味に変わることがあります。例えば古代語ではプラス評価だった「あはれ」は、現代語ではマイナス評価の「かわいそう」になり、同じく古代語ではプラス評価の言葉だった「をかし」は、現代語では「異常」という意味で使われています。こうした言葉の激しい変化は社会が動揺しているときに起こるもので、日本語は平安時代中期以降、古代社会が崩壊するとともに変質しました。その後、日本は長い内乱状態にあり、それがようやく落ち着いたのは、江戸時代です。江戸時代の後期に関東方言の流れを汲んだ江戸語が成立し、それが現代東京語のルーツとなります。

「は行」の発音は「はひふへほ」ではなかった

平安時代中期までの古代語と現代語を比べ、最も違いが見られるのが発音です。特に「は行」の発音の変化は顕著で、奈良時代までは半濁音の「パ、ピ、プ、ペ、ポ」に近かったものが、平安時代に「ファ、フィ、フ、フェ、フォ」のようになり、次第に現代のような「ハ、ヒ、フ、ヘ、ホ」の発音となりました。また「た行」の発音も今よりも柔らかく、「タ、ティ、トゥ、テ、ト」に近い発音でした。その名残として日本人は「パーティ」「ラトゥール」など、「ティ」「トゥ」の入った外国語の発音は比較的得意なのです。

古代語の発音はどうやって調べる?

日本語を書き表す独自の文字は日本語にはなく、奈良時代の『万葉集』は、中国語の漢字を借用して日本語の発音を書き表す「万葉仮名」が使われていました。この万葉仮名が後に平仮名や片仮名に変化します。万葉仮名では日本語の「は」の音は「波」と書かれる場合があり、「波」は古代中国語音だと「ぱぁ」であったことから、当時の日本で使われていた「は」の発音が「パ」であったと推測できます。また、室町時代には来日してキリスト教の布教活動をしていたポルトガル人やスペイン人の宣教師たちがローマ字で当時の日本語を記述したキリシタン資料があり、昔の日本語の発音を調べる方法は意外と多くあります。

高校生・受験生の皆さんへのメッセージ

なぜ助詞の「は」「へ」は、「ワ」「エ」と発音するのでしょうか? 「地震」の読み仮名が「ぢしん」ではなく「じしん」なのはなぜでしょうか? 「一本」は「イッポン」なのに、「三本」を「サンボン」と読むのはなぜ? 日本語学を学ぶと、子どもの頃から抱いていた日本語へのさまざまな疑問が解決できます。言葉への関心のある人には絶対に面白いはずです。現代日本語は、社会の流動化とマスメディアの影響により、激しい変化の途上にあります。日本語の本質を学び、言葉を大切にしようという気持ちを身につけてください。


夢ナビ編集部監修

ページトップへ