本文へ移動します

井上 薫 准教授

井上 薫 准教授

健康福祉学部 作業療法学科
井上 薫 准教授

キーワード:
作業療法士, 理学療法士, 福祉

人間の24時間をサポートする作業療法士

イメージ1
理学療法士と作業療法士

身体障がい者のリハビリテーションなどに関わる職種として、「理学療法士」と「作業療法士」の2つがあります。理学療法とは、筋力トレーニングなど医療的なアプローチを通じて身体機能の回復を図るものであるのに対して、作業療法とは、日常生活の作業をできるようにすることで回復を図るとともに、精神的にもケアをすることだと言えます。そして「作業」とは、人間の活動のすべてを指します。仕事はもちろん、遊びや休息に関する活動もすべて作業の一種です。つまり、人間の24時間の生活すべてをサポートする必要があるのです。マラソンランナーの伴走者のような存在と言ってもいいでしょう。

作業療法士の持ついろいろな役割

特定の作業が困難な障がいのある人は、その作業ができるようになることで身体機能が回復するだけでなく、幸福感を得ることができ、生活の質(QOL)を向上させることができます。
しかし作業療法士が関わるのは、実は障がい者だけではありません。予防を考えるという役割もあるので、特別な疾患をもたない人に関わる場合もあります。作業療法では、対象となる人を訓練し作業を可能とする方法だけでなく、どのような環境でどのような道具があれば可能になるのか、どのような社会制度があれば可能になるのかなど、対象者の環境全体を考えていく必要があります。そのお手伝いをするのが作業療法士なのです。

広がりつつある作業療法士の進路

作業療法士の進路としては、これまでは病院や福祉施設などが主な就職先でしたが、役所や一般企業でも作業療法士が必要とされるケースが増えてきています。役所では、障がい者用の補助具の選定や、障がいのある住民の相談窓口の担当などです。一般企業では、例えば障がい者も運転できる自動車の開発など、さまざまな分野で作業療法の考え方が求められるようになってきています。

バーチャルリアリティーが、人間の身体機能を回復させる

イメージ2
作業療法士の仕事とは

障がい者や高齢者など、特定の作業をこなすことが困難な人に対して、どうすればその作業ができるのかを一緒に考えて、よりよい生活への手助けをするのが、作業療法士の仕事です。訓練によって作業ができるようになるだけでなく、補助的な道具を使って可能にしたり、社会制度へ働きかけるなど、さまざまな方法を模索していく仕事でもあります。

誰でも使えるトイレの開発

私たちはふだん、温水洗浄タイプのトイレを何の苦労もなく使っていますが、高齢者や障がいのある人が使いやすいトイレとはどういうものかを考えていくのも、作業療法士の仕事です。例えば高齢者にとっては、トイレに設置してある各種のボタンに書いてある文字がわかりにくいかもしれません。トイレの照明は少し薄暗いことが多いですが、もっと明るいほうが文字が見やすいかもしれません。さまざまなタイプの障がいが考えられるため、なるべく多くの人が使いやすいように、形や色、器具の角度などまでをも、実験を交えて検証していく必要があります。

バーチャルリアリティーをリハビリに応用

リハビリテーション用の機器にも、最先端の技術が応用されることがあります。例えばバーチャルリアリティーの技術も、障がいの検査や、リハビリのトレーニングに応用することができます。最新のものとしては、実際に物体がないのに物をさわった感触を味わえる、触覚のバーチャルリアリティーを可能とする技術も開発されており、リハビリ用の医療機器として期待されています。また、「パロ」という名のアザラシ型ロボット(独立行政法人産業技術総合研究所 柴田崇徳博士)が開発され、高齢者や自閉症患者などへの癒し効果が高く評価されていますが、このようなロボットの活用も今後の作業療法の役割として重要だと考えています。
作業療法士とは、対象とする人が「こうありたい」と思う生活の実現をお手伝いする職業です。道具を使った作業療法は、いわば「人」と「物」を結びつけるという大事な仕事でもあるのです。

高校生・受験生の皆さんへのメッセージ

作業療法士の仕事は、多岐にわたり、やりがいのあるとても魅力的な仕事です。探究心がある人、創造的なことが好きな人、人が好きな人に向いています。さまざまな考え方の人に対応するため、柔軟性を持って仕事をする必要があります。高校生のあなたは、今のうちにいろいろな社会経験を積み、何かにがんばって取り組む経験をしておけば、どんなところに行ってもやっていける問題解決能力を身につけることができるでしょう。


夢ナビ編集部監修

ページトップへ