本文へ移動します

山田 拓実 教授

山田 拓実 教授

健康福祉学部 理学療法学科
山田 拓実 教授

キーワード:
体操, 高齢者, QOL

寝たきりや認知症の予防に効果があり、生活の質も上げる高齢者体操

イメージ1
サルコペニアとは

人間の筋力は、加齢によって落ちていきます。筋力だけでなく、筋持久力や筋肉量も落ちていきます。この現象を「サルコペニア」と言います。60歳ぐらいになると、20~30代のころの6割ぐらいに落ちてしまいます。
筋肉には速く動いて瞬発力を出す白筋(速筋)と、動きは遅く持久力のある赤筋(遅筋)がありますが、加齢にともなう萎縮や筋力低下が見られるのは白筋の方です。この現象は、何もしていないと誰にでも自然に起こってきます。

高齢者のための体操

しかし、運動をすると筋力は上がってきます。しかも、いくつになったら遅いということはなく、90歳を過ぎてからでも運動効果は認められています。さらに、普段から運動を習慣にしていると、認知症予防に効果があるということがわかってきました。これらから高齢者が体操をすることはとても重要だということがわかります。
現在、いろいろな高齢者向け体操が考案されています。例えば東京都の荒川区では、理学療法学の見地から考案された「荒川ころばん体操」という体操に、1500名ほどの高齢者が取り組んでいます。この取り組みによって、後期高齢者の転倒によるけがが半分ほどに減るなど、明らかな効果があることがわかりました。

体操の効果を知る

さらに、参加者の健康関連QOL(健康に関してどれぐらい満足度が高いか)の調査でも興味深い結果が得られました。この調査は体の痛みや活力の有無、社会的な役割を果たせているかどうか、健康度の自己評価などの調査ですが、体操をしていない高齢者だと、65歳ぐらいから徐々に下がり始めるのが普通です。しかし、体操の参加者は下がるどころかむしろ上がっています。体操のほかに、体操が終わってからの食事やおしゃべりといった交流の時間ができることも、孤独になりがちな高齢者には重要であることもわかっています。
理学療法学はこのように、高齢者の生活の質(QOL)を向上させることにも役立っています。

効果的な高齢者体操のために必要な動作解析

イメージ2
高齢者には運動が大事、でも……

認知症予防や体力づくりを目的に、高齢者の体操への取り組みが広がっています。みんなで集まって体操をするのは、ひとりになりがちな高齢者にとって楽しみでもあり、とても大事な習慣だと言えるでしょう。
いろいろな専門家によって体操が考案されています。しかし、踊りの振り付けの延長のようなものではじゅうぶんな効果が得られるかどうかがわかりません。

バランスよい効果的な体操を

高齢者の体操では、無理なくできてバランスや筋力など総合的な能力が上がることが求められます。狙った筋肉の能力を向上させるにはどういった体操をどのような強さで行うのが効果的か、ということがわかった上で体操のプログラムを組むことが必要です。
さらに運動中の血圧や心拍数、そして心臓への負担も考慮しなくてはいけません。肺や心臓に負担がかからず、安全に高齢者が運動できるようにするためです。
そこで、科学的データを取りながら体操を考案する研究が進んでいます。

コンピュータで動作を解析

この研究では、協力者である高齢者の体にマーカーを貼り、踏むとその力が測定できるプレートの上で動いてもらい、その数値をコンピュータに取り込んでいきます。
関節が動く速度や角度は、撮影した画像から計算できますので、それに力の強さを入れてさらに計算していくと、どのような力が働いたら、ある関節がどんなスピードで動くかということがわかります。
それだけでは全体の力しかわからないので、その結果を人体の筋肉にモデル化して解析します。すると、「どの筋肉がどれぐらい動いてこういう動作になる」ということが明らかになります。これらの結果から膝などの関節の靱帯や軟骨にかかる負荷量も計算されます。あわせて、運動中の酸素摂取量や血圧、心拍数も測定しておきます。
このように、理学療法学では科学的データを取りながら効果的な体操を開発することも重要な仕事です。この研究が進めば、体の痛みを訴えたり、けがが原因で寝たきりになったりする高齢者は、今よりもずっと減ることでしょう。

高校生・受験生の皆さんへのメッセージ

医療や保健福祉、介護サービス制度は大きく変革しています。理学療法士の働く場所も拡大しています。首都大学東京のカリキュラムは理学療法を全般的に学べるものになっています。理学療法士をめざすなら、たとえ高校生の時、スポーツ・整形など特定の分野に興味を抱いている場合でも、中枢神経や高齢者、呼吸循環、地域などいろいろな分野の勉強にチャレンジする姿勢が大事です。英語も学会発表や論文を書く際に英文論文を読む機会も多く、自然に実力がついていきます。海外の大学院に留学している人もいます。


夢ナビ編集部監修

ページトップへ