本文へ移動します

森 治憲 准教授

森 治憲 准教授

都市教養学部経営学系 経営学コース・経済学コース
森 治憲 准教授

キーワード:
統計学, データ, 分析

データの背景にあるものを推測する「統計学」

イメージ1
本当にはわからない事柄を判断するための学問

「統計学」というと、高校生のあなたには、あまり聞きなれない言葉かもしれません。ごく簡単に言うと、ある事柄についてのデータが与えられた時、その背後にあるものを推論するための方法を研究する学問が統計学です。統計学により、本当にはわからない事柄について合理的な判断が可能となるのです。

仮説検定によるデータの検証方法

統計学では、「仮説検定」と呼ばれる分析手法がよく用いられます。仮説検定とは、自らが立てた仮説が正しいかどうかをデータで検証するための手法です。サンプルとなるデータは多ければ多いほど精度は高まりますが、多くの場合、サンプルの収集には限度があります。限られた量のデータでも精度の高い判断ができるようにするのが、統計学の役割です。例えば、「コインを投げると、2分の1の確率で表が出る」という仮説を立てるとしましょう。実際に100回投げてみると、必ずしも50回ずつ表と裏が出るとは限りません。しかし、表が80回、裏が20回となると、この仮説は正しくなくて、コイン自体が歪んでいるなどの問題があるかもしれない、という推論が成り立ちます。こうした判断を下す場合、どこで境目を区切るのかが統計学では重要になります。実際には、想定していることとは反対のことを仮説にして、その仮説が間違っていることをデータで証明するというやり方がよく用いられます。統計学において、仮説を否定することには非常に強い意味があるのです。

身近なところで使われている統計学

こうした統計学の分析手法は、私たちの社会の中で、さまざまな分野で用いられています。例えば、外国から輸入する農作物の残留農薬の検査や、河川の水質汚染の検査、工場で生産する製品の不良品検査、新薬の効能を確かめるための検査などです。統計学は、私たちの生活とは切っても切り離せない、重要な学問なのです。

私たちの生活と密接に関わる、統計学の思考方法とは

イメージ2
社会をさまざまな場面で支えている「統計学」

あることについてのデータを基に、その背後にある事柄を推論するのが「統計学」と呼ばれる学問です。統計学は、私たちの身の回りのさまざまな分野で用いられ、社会を支える役割を果たしています。

限られたデータからできるだけ正確に推論する

統計学でよく用いられる「仮説検定」は、1930年代に基本的な考え方が確立した古典的な分析方法です。例えば、工場で生産される製品の不良品検査について考えてみましょう。この場合、「機械は正常である」ということを検証すべき仮説に設定します。検査で不良品が見つかった場合、その個数によって「機械は正常である」という仮説が正しいかどうかを見極める境目を適切に設定することが重要になります。また、例えば、医薬品メーカーによる新薬の開発では、「この薬は効かない」という仮説を設定します。新薬の検査で集めたデータによって、「効かない」という仮説を否定し、効能があることを証明するのです。もちろん、不良品検査をするなら生産するすべての製品を検査するのが理想的ですし、新薬を開発するならすべての人に対して検査をするのが理想的です。しかし、現実にはそういったことは不可能な場合がほとんどです。サンプル調査など限られたデータからできるだけ正確な推論をして責任を果たせるようにするのが、統計学の役割なのです。

「無罪である」という仮説を否定できるか?

少し異なる分野では、裁判においても、仮説検定と同じ考え方が用いられています。「推定無罪」という言葉をよく聞きますが、裁判では一般的に、「被告人は無罪である」という仮説を立て、その事件にまつわるさまざまな証拠を精査して、「無罪である」という仮説が否定できるかどうかを検討します。その仮説を否定しきれなければ、たとえどんなに怪しいと思われる要素が残っても、その被告人は無罪と判断されます。このように、統計学は私たちにとって、非常に身近な学問なのです。

高校生・受験生の皆さんへのメッセージ

大学への進学をめざしている高校生のあなたは、入試に必要な科目の勉強に集中していると思います。大学に入学することが先決ですから、それは正しいことですが、大学に合格したら、専門科目から離れた分野まで視野を広げてほしいです。例えば、理系の学生さんなら、政治や文学などにも興味を持ってみましょう。文系の学生さんならやはり数学です。私が教えている統計学もそうですが、文系の学部でも数学が必要なことを忘れないでください。


夢ナビ編集部監修

ページトップへ