本文へ移動します

研究安全倫理

(1)制度の背景・趣旨

近年のライフサイエンスの急速な発展は、生命科学等の分野に革新的成果をもたらすことが期待される一方、新たに個人の尊厳や人権にかかわるような生命倫理の問題を生じさせる可能性がある。こうした状況を踏まえ、国の総合科学技術会議では重要事項の調査・検討、文部科学省、厚生労働省等では法令・指針の整備を行っている。

例えば、遺伝子組み換え技術については、生物多様性への悪影響を防止し、遺伝子組み換え生物等の適正な利用の確保を図るため、「カルタヘナ法」が制定されている。

また、「動物愛護法」では、3R(代替法の活用、使用数の制限、苦痛の軽減)の概念が明記され、国等において動物実験に係る指針等が定められている。

このほか、ヒトゲノム・遺伝子解析研究、疫学研究や臨床研究については、個人の尊厳や個人情報の管理が必要となるため、文部科学省、厚生労働省等の関係省が連携し、各種指針を定めている。

こうした動向を踏まえ、本学においては「研究安全倫理委員会規程」、「遺伝子組み換え実験安全管理規程」、「動物実験管理規程」を定め、遺伝子組み換え実験、動物実験及びヒトを対象とする各種研究に対する倫理的配慮の確保を図っている。

(2)研究安全倫理委員会の概要

遺伝子組換え実験及び動物実験が本学の定める規程を遵守して行われていること、並びに、ヒトを対象とする各種研究がヘルシンキ宣言や疫学研究に関する倫理指針等の趣旨に沿った倫理的配慮のもとに行われることを目的として、研究安全倫理委員会規程に基づき、キャンパスごとに必要な研究安全倫理委員会を設置している。

本委員会は、学長の諮問機関として、遺伝子組換え実験、動物実験及びヒトを対象とする研究について調査・審議し、学長に助言又は勧告を行うことを職務とする。

審査等に当たっては、(1)研究の対象となる者の人権の保護、(2)研究によって生じ得る対象者への不利益及び危険性、(3)研究の対象となる者に理解を求め同意を得る手続、(4)動物祉への配慮、等に留意するものとしている。

担当窓口

南大沢キャンパス
 首都大学東京管理部理系管理課庶務係
 E-mail: rinrishinsa●jmj.tmu.ac.jp

日野キャンパス
 首都大学東京管理部日野キャンパス管理課庶務係
 E-mail: hino-rinri●jmj.tmu.ac.jp

荒川キャンパス
 首都大学東京管理部荒川キャンパス管理課庶務係企画担当
 E-mail: adm_jig●tmu.ac.jp

※恐れ入りますがメール送信の際には上記アドレスの●を@に置き換えてくださいますようお願いいたします。

<参考>
○首都大学東京研究安全倫理委員会規程 (240KB)Adobe PDF

ページトップへ