本文へ移動します

入学考査料・入学料・授業料の納入について

入学考査料・入学料・授業料について

学部大学院
(法科大学院を除く)
法科大学院
入学考査料 17,000円 30,000円 30,000円
入学料
282,000円
(141,000円)
282,000円
(141,000円)
282,000円
(141,000円)
授業料前期
260,400円
260,400円
331,500円
後期
260,400円
260,400円
331,500円
入学考査料について

入学考査料は、出願のときに納入していただきます。
詳細は、各募集要項にて必ずご確認ください。
入学考査料の返還について (393KB)Adobe PDF

入学料について

入学料は、入学手続を行うときに納入していただきます。
( )内は「東京都の住民」の金額です。
「東京都の住民」とは、本人又はその者の配偶者若しくは一親等の親族が、入学の日の1年前から引き続き東京都内に住所を有する者をいい、この認定を受けるには「住民票記載事項証明書」等が必要です。
なお、入学料の改定があった場合には、改定後の入学料が適用となります。

授業料について

授業料は、前期・後期に分けて、それぞれ年額の2分の1を納入していただきます。
納入方法は、原則として口座振替(引落し)になります。前期分は4月26日、後期分は10月26日に引落しを行います(26日が土日祝日に当たる場合は、その直後の平日になります)。納入期限を経過し、督促してもなお延滞が続くと、除籍の対象となりますのでご注意ください(首都大学東京学則(第33条)等)。
なお、在学中に授業料の改定があった場合は、改定時から新授業料が適用されます。

授業料の口座振替等に関する問い合わせ先

総務部会計管理課資金管理係
〒192-0397 東京都八王子市南大沢1-1 TEL 042-677-1111(内線 1047)

減免制度

入学料減免

①生活保護受給世帯
②入学手続日以前1年以内の学費負担者の死亡または天災その他の災害による家計の急変
により入学料の納入が極めて困難な場合に申請により入学料を減免する制度です。

授業料減免

授業料減免制度は、経済的理由等により、奨学金等を利用してもなお授業料の納付が極めて困難な場合、本人の申請に基づき、審査の上、授業料を減額・免除する制度です。前期・後期ごとに申請が必要です。

授業料分納

経済的理由等により、授業料の一括納付が困難な場合、本人の申請に基づき、各期の授業料を3回に分割して納付する制度です。前期・後期ごとに申請が必要です。

詳細については学生課のHP 外部リンクをご覧ください。

奨学金制度

人物、学業ともに優れているが、経済的理由で修学困難な学生に対して、学資の援助を行なう奨学金制度があります。
詳細については学生課のHP 外部リンクをご覧ください。

ページトップへ