本文へ移動します

観光科学域

本学域は、我が国で初めて理系をベースに観光に取り組む「観光科学」を提唱して設置されました。従来の観光学や観光政策論に加えて、地理学や生態学などの理学的方法、都市工学や交通工学などの工学的方法、実践的なまちづくり手法、ITツールを使った観光情報・行動の分析や発信といった情報学の方法から観光にアプローチします。
具体的には、観光振興や自然環境の保全や適正利用、個性ある創造的なまちづくりのための具体的な問題を理論的に解明し、計画を立案するための調査手法や分析手法、表現方法の「技術」を学びます。また、産学官連携による共同研究を積極的に取り入れ、地域社会と企画・提案者の立場での関わりの中で「観光地の診断から計画、実践まで」を研究します。
さらに、東京都が平成20年に創設した、自然環境保全を担う人材育成・認証制度「ECO-TOPプログラム」の第一号認定校として、行政・企業・NPOでのインターンシップ参加と講義を通して、社会の中で体験的に学ぶ場も提供しています。

概要

オリジナル
ホームページ
観光科学域 ホームページ 外部リンク
開設2008年(平成20年)4月
キャンパス南大沢キャンパス
学生数
48名
博士前期課程21名
博士後期課程27名
※平成26年5月1日現在

観光科学域の構成

ページトップへ