本文へ移動します

都市システム科学域

本学域は、人間の活動と都市の空間的・社会的環境の関係を科学的に追究することによって、成熟社会にふさわしい秩序ある良好な都市環境を創出すべく、研究の推進と人材の育成に携わっています。都市に関する学際的なアプローチを可能にする、多様な専門分野の教員が集まっています。
1994年に全国で唯一「都市科学」の学位を授与する研究科として発足した、東京都立大学大学院都市科学研究科を受け継いでいるのが現在の本学域です。これまで、約300名の修士(都市科学・工学)と約50名の博士(都市科学)が誕生しています。
学際的な学生が集まっており、理工学のみならず社会科学、人文科学、保健学等の分野から幅広く出願があり、社会人や留学生も多く在籍します。入学者は各自の学部時代の専門をベースとしながらも、本学域での教員や同僚との交流を通じて、都市を見つめる複眼的な視点を自ら養っています。
修了後の就職先も公務員、一般企業社員、計画コンサルタント、都市に関する研究機関の研究員、まちづくり諸団体の専門職員、大学教員等多方面に及んでいます。

概要

オリジナル
ホームページ
都市システム科学域 ホームページ 外部リンク
開設2006年(平成18年)4月
キャンパス南大沢キャンパス
学生数
39名
博士前期課程30名
博士後期課程9名
※平成26年5月1日現在

都市システム科学域の構成

ページトップへ