本文へ移動します

分子物質化学専攻

化学とは、分子構造の変換を利用して新たな物質を創成し、その物質の構造、性質、反応性を探求することを目的とした自然科学の中核を成す学問です。分子物質化学専攻の名称はこの理念に基づいています。一方、現代化学の応用範囲は化学材料や電子デバイス材料の開発のみならず、宇宙、生命、環境問題など多様な分野に幅広く跨がっているため、本専攻では3つの研究分野、具体的には無機・分析化学系、有機・生物化学系、物理化学系を設定し幅広い学問領域を支えています。また、大学院においては、深い専門性に立脚して化学の最先端にある高度な知識を身につけ、同時に、専門を越えた幅広い総合的な判断能力をもつ化学研究者・技術者を育成します。

概要

オリジナル
ホームページ
分子物質化学専攻 ホームページ 外部リンク
開設2006年(平成18年)4月
キャンパス南大沢キャンパス
学生数
101名
博士前期課程75名
博士後期課程26名
※平成26年5月1日現在

分子物質化学専攻の構成

ページトップへ