本文へ移動します

航空宇宙システム工学域

航空機・宇宙機の要素技術やシステム設計技術ならびに宇宙開発利用に関する総合工学としての航空宇宙工学の研究教育を通じ、国際的な視野と高い信頼性を要求されるシステムとして捉えうるエンジニアリング・マインドと課題解決力を持ち、航空宇宙産業のみならずさまざまな先端産業分野で活躍できる技術者、研究者を養成します。
研究教育分野は、飛翔体の飛行や推進の基礎となる「航空宇宙流体力学」、航空宇宙用の複合材料や高温耐熱材料の力学から微小重力環境での材料プロセスまでを含んだ「航空宇宙材料工学」、航空機・ロケットなどの「推進システム工学」、宇宙機器や構造物のダイナミクスや振動制御を扱う「航空宇宙構造制御工学」、リモートセンシングや衛星利用の航法システム、宇宙環境工学など宇宙の実利用を重視した「宇宙利用工学」の5分野からなります。 更に、連携大学院客員教授(独立行政法人宇宙航空研究開発機構、独立行政法人情報通信研究機構)も加わり、最新の研究施設を利用した大学院教育を行える体制を整えています。

概要

オリジナル
ホームページ
航空宇宙システム工学域 ホームページ 外部リンク
開設2006年(平成18年)4月
キャンパス日野キャンパス
学生数
100名
博士前期課程82名
博士後期課程18名
※平成26年5月1日現在

航空宇宙システム工学域の構成

ページトップへ