本文へ移動します

生命科学コース

実験と自主研究によって「研究する力」を身に付ける

生命科学コース イメージ

コンセプト

DNAの解析技術が飛躍的な発展をとげ、生命科学分野の研究は新たな局面を迎えています。DNA情報を活用して、生命の謎がつぎつぎと解き明かされようとしているのです。そうした現状を踏まえ、本コースでは、基礎生物学・生命科学のさまざまな分野を学び、「研究する力」を身につけることを目標にしています。

概要

オリジナル
ホームページ
生命科学コース ホームページ 外部リンク
開設2005年(平成17年)4月
キャンパス南大沢キャンパス
学生数
215名
※平成26年5月1日現在
大学院理工学研究科
生命科学専攻

カリキュラム

プログラムの約半分を実験や実習にあてた体験重視のカリキュラムで、「研究する力」を徹底的に鍛えます。野外・臨海実習も3年次の夏休みを中心に充実しています。その中でも特徴的な科目が、1年次から自ら選んだテーマの研究に取り組む「生物学自主研究」です。この科目では、担当教員の助言を受けながら、学生が自ら研究グループを組織し、研究テーマの設定、研究計画の作成、実際の研究、そして研究成果の発表を行います。
また、優れた生命科学研究を行うためには、国際性、コミュニケーション能力、コンピューターを駆使する能力なども必要です。そこで、英語、日本語の言語技術、さらにはバイオインフォマティクスの教育などにも力を入れています。

所属教員一覧

生命科学コースの構成

ページトップへ