本文へ移動します

経営学系

複雑化が進む社会や組織の多様な利害関係を調整し、豊かな社会に導く政策立案能力と問題解決能力を養う

経営学系 イメージ

社会が秩序を保ちながら大きく進化・発展していくためには、様々な人々、機関、国家の諸活動を適切に調整することが重要です。その際、2つの鍵となる調整メカニズムが重要な役割を果たします。ひとつは、経営者が政策目標を設定し、計画を立案し、それに基づいて世の中の様々な利害関係や行動を調整する「組織のメカニズム」、もうひとつは、自由な意志を持った個人の諸行動を価格の変動を通じて自動的に調整する「市場のメカニズム」です。前者を中心に社会を考察していくのが広い意味での経営学であり、後者が経済学であるといえます。これらは、現実により良い社会や組織を構想し実現するための両輪であり、社会や組織の中で起こりうる様々な問題を解決するための「政策科学」なのです。
経営学系では、ビジネススクールと連携しながら、教養教育と専門性の高い先進教育を展開し、社会や組織のリーダーとして、組織と市場という2つの調整メカニズムを通じて、社会全体を望ましい姿に導いていくための政策立案能力と問題解決能力の涵養をめざしています。

経営学系の特色

2年次進級時にコースを選択

経営学と経済学をともに学ぶことができ、自由な科目の履修が可能です。1年次に広く導入科目を学び、2年次進級時に学生の問題意識や関心にあわせ、経営学コースか経済学コースを選択します。

少人数教育による徹底した専門教育を実現

専任教員として、経営学・経済学の学界を国際的にリードする研究者や、日本を代表する企業の重要ポストや国の中枢を担う政策決定機関からの人材など、それぞれの分野の第一線の研究者を擁しています。

指導教員のもとで大学生活の集大成を仕上げる

3年次には、ほとんどの学生が少人数制のゼミナールに参加します。指導教員のもとで研究テーマにそって専門の知見を深め、4年次に卒業研究論文としてまとめていきます。

ビジネススクールとの連携による実務教育

ビジネススクール(大学院社会科学研究科経営学専攻・高度専門職業人養成プログラム)をもつことにより、現実の経営・経済現象が学べるだけでなく、経済・経営に関する最新のトピックを学生にリアルタイムで発信しています。

概要

オリジナル
ホームページ
経営学系 ホームページ 外部リンク
開設2005年(平成17年)4月
設置コース経営学コース
経済学コース
キャンパス南大沢キャンパス
学生数
1,033名
※平成28年5月1日現在
教員数
40名
※平成28年5月1日現在
大学院経営学専攻
 研究者養成プログラム
 高度専門職業人養成プログラム

経営学系の構成

ページトップへ