本文へ移動します

地理環境コース

人、地球、環境の相互関係を、地理情報システムや野外調査技術で解き明かす

地理環境コース イメージ

コンセプト

人間を取り巻く地形や気候、植生などの自然環境や、地域の文化・社会・経済の特徴などから地球の環境を多岐にわたって調査・分析・研究し、私たち人間との関係や課題について考察します。フィールドワークを重視しており、地球や地域の歴史と未来を、自らの五感を使って学べるワクワク感あふれるコースです。

概要

オリジナル
ホームページ
地理環境コース ホームページ 外部リンク
開設2005年(平成17年)4月
キャンパス南大沢キャンパス
学生数
120名
※平成28年5月1日現在
大学院都市環境科学研究科 都市環境科学専攻
地理環境科学域

カリキュラム

入門・専門講義のほか、演習・実習、セミナー、野外調査などの実践科目を積み上げ方式で学び、理解を深めていきます。1年次には地理学の入門講義に加え、各専門分野の教員が毎回交代で講義を行い、地理環境科学のさまざまな研究分野を紹介する「地理環境科学序説」を開講。2年次では地理学の3大分野である自然地理学、人文地理学、地理情報学に関する基礎講義と、調査・観測・分析技術を学ぶ演習・実習を履修します。さらに、3年次からは、現地調査・長期野外巡検に重点を置くとともに、諸分野の研究動向を国内外の文献を読みながら討論するセミナーを行います。4年次になると研究室に所属し、これまでの学習成果を生かして、自主的に卒業論文に取り組みます。また、本コースは、JABEE(日本技術者教育認定機構)の教育プログラムとしての認定を受けており、卒業時に全員が「修習技術者」または「技術士補」の資格を取得できます。

所属教員一覧

地理環境コースの構成

ページトップへ