本文へ移動します

情報通信システムコース

知識基盤社会に相応しい、新しい技術を生み出す底力を育成

情報通信システムコース イメージ

コンセプト

「技術を知り、活かし、創る人材」をめざし、インターネットやデジタル通信、情報セキュリティ、知能情報処理から高度な情報処理まで、現代社会の基盤技術である「情報」と「通信」の両者を集中的に学び、研究する国公立大学では他に類をみないコースです。常に新しい技術を生み出すことのできる「底力」のある技術者を育成します。

概要

オリジナル
ホームページ
情報通信システムコース ホームページ 外部リンク
開設2005年(平成17年)4月
キャンパス南大沢キャンパス(1・2年次)
日野キャンパス(3・4年次)
※一部の専門授業は、2年次(後期)から日野キャンパスにて開講
学生数
218名
※平成28年5月1日現在
大学院システムデザイン研究科 システムデザイン専攻
情報通信システム学域

カリキュラム

1・2年次は南大沢キャンパスで教養科目、基礎科目を学び、基礎学力と幅広い視野を養います。あわせて基礎的な専門科目も履修し、高度な専門知識の修得に備えます。3年次からは日野キャンパスが学びの場です。「情報工学」「通信工学」「情報通信応用」を主要分野として設定した専門科目群を通して各分野の体系的な知識を、演習、実験、プロジェクト等の実習系の科目を通じて技術者としてのセンスと技能を身につけます。4年次では、教員1人に対して4人程度の学生という恵まれた研究環境のもと、大学生活の集大成ともいえる特別研究(卒業研究)に臨みます。

所属教員一覧

情報通信システムコースの構成

ページトップへ