本文へ移動します

看護学科

総合大学で学ぶ長所を保健・医療・福祉の現場で生かせる資質の高い看護職へ

看護学科 イメージ

コンセプト

総合大学のメリットを生かし一般教養や基盤科目を学び、人のぬくもりのある看護に欠かせない豊かな人間性、社会性を身につけます。都立病院との連携でより実践的な教育を展開、医療機関中心の看護に加え、高齢者・在宅・地域・家族看護やターミナルケアなど大都市東京の地域特性に対応した、より専門性の高い看護技術を習得します。

概要

オリジナル
ホームページ
看護学科 ホームページ 外部リンク
開設2005年(平成17年)4月
キャンパス南大沢キャンパス(1年次)
荒川キャンパス(2~4年次)
学生数
316名
※平成28年5月1日現在
大学院人間健康科学研究科 人間健康科学専攻
看護科学域

カリキュラム

病院等の医療機関はもちろん、在宅や地域における看護活動を重視する本学科では、4年間を通して、様々な健康状態にある人々を対象としたカリキュラムを編成。特に、身体を系統的に観察するフィジカルアセスメントなど、科学的根拠に基づいた専門的な看護技術の習得に力を入れています。また、節目となる学内演習には都立病院から臨床指導担当の看護師が参加するなど、臨床現場からの視点が組み込まれるよう配慮しています。4年次には、卒業研究や総合臨地看護学実習などを実施し、学んできた知識と実践を統合。さらに、看護倫理学や看護管理学なども履修し、倫理的な判断能力、マネジメント能力の基礎を身につけます。

所属教員一覧

看護学科の構成

ページトップへ