本文へ移動します

放射線学科

充実した教育および研究環境で、現代医療に欠かせないスペシャリストを育成

放射線学科 イメージ

コンセプト

本学科では、科学的に放射線を理解できる力を養い、その基礎に基づいた知識と技術で先端医療施設や関連機関で活躍できる放射線のスペシャリストを育成しま す。充実した教育・研究環境下で、創造的かつ科学的な思考に基づく高度放射線専門職の育成や、先端医療技術を開発できる人材育成を進める大学院教育との連 携を図っています。

概要

オリジナル
ホームページ
放射線学科 ホームページ 外部リンク
開設2005年(平成17年)4月
キャンパス南大沢キャンパス(1年次)
荒川キャンパス(2~4年次)
学生数
172名
※平成28年5月1日現在
大学院人間健康科学研究科 人間健康科学専攻
放射線科学域

カリキュラム

専門教育だけにとらわれない幅広い知識と、医療を支える理工学の基礎と実践をバランスよく配置したカリキュラムを構成しています。1年次には、南大沢キャ ンパスで基礎ゼミナールや教養科目群および専門教育科目群を学び、2年次以降、荒川キャンパスにおいて専門分野を履修する上で必要となる理工学・医学の基 礎知識(数学、物理、生物、化学、生理学および解剖学など)を確実に身につけることができます。3・4年次には、臨床実習(画像診断臨床実習・核医学臨床 実習・放射線治療臨床実習)に臨み、医療への理解を深めます。また、卒業研究(特別研究、専門放射線学セミナー)では、柔軟な発想で研究テーマに取り組む ことができるよう充実した環境を提供しています。さらに学生の自主性と研究へのモチベーションを高めるために各分野の学会などで発表する機会を積極的に設 けています。所定の単位を修得すると卒業年度には「診療放射線技師国家試験」の受験資格を取得できます。この試験に合格することにより診療放射線技師とし て医療機関等で働くことができます。

所属教員一覧

放射線学科の構成

ページトップへ